関西アイドルマラソン秋の陣 グループ紹介 サクヤコノハナ 関西アイドルマラソン秋の陣 グループ紹介サクヤコノハナ
  • フルーレット
  • 仮面女子候補生WEST
  • KRD8
  • AnimalBeast
  • サクヤコノハナ
辰野梨沙

辰野梨沙ちゃんがサクヤコノハナをご紹介!

百人一首などで難波津の歌に出てくる〝大阪の春に咲き誇る花〟に由来するグループ名を持つ「サクヤコノハナ」。メンバーは、今回大阪マラソンに出場する辰野梨沙をはじめ瀬山まどか、渡辺葉月、阪上晴香・彩香の双子姉妹、嶋田のあ、難波みのり、宮口愛絵里の8人。2017年春デビューという新しいグループですが、可愛く華やかなルックスとライブパフォーマンスが好評で人気急上昇中! リーダーである辰野さんが大阪マラソンを走ることで、その勢いはさらに加速していくに違いありません。

サクヤコノハナ

「メンバーは8人いるんですけど、下は15歳から上は21歳と年齢層がバラバラなんです。だから個性がすごく違って、見ていただいた方にもそれぞれの魅力を感じていただけたらと思うし、そう思ってもらえるグループになっていきたいと思ってます」
辰野さんが語るように、年齢層の幅が広いサクヤコノハナのメンバーはそれぞれが実に個性的。そんな8人によるライブパフォーマンスは、まさに咲き誇る花ともいえる華やかさに溢れています。

サクヤコノハナ

それぞれに個性的なメンバーですが、共通しているのが可愛らしさ。メンバーのひとり瀬山まどかさんは、人気投票により選ばれる「KANSAI IDOL QUEEN」においてナンバー1の座に輝きました。そのお祝いをするメンバーの様子も、実に華やかです。「それぞれの色、個性があるメンバーなので、得意なことでどんどん輝いていけたらなって思います!〝あの子は面白いからいいなあ〟とか〝パフォーマンスがいいな〟とか、初めて見ていただいた方にも気にしてもらえるようにみんなで成長していきたいです!」(辰野さん)

フルマラソンを走りきることで

自信になる何かを掴みたい。

そして、みんなに褒めてもらいたいです。

日頃はいろいろなコースを走っているという辰野さんですが、この日は大阪市西区にある靭公園を走ることになりました。静かな林にかこまれた公園内を走り、綺麗に咲き誇るバラ園に見とれ、応援するメンバーと笑顔を交し合い…。多くの人の応援を背負い、大阪マラソン本番に向けてトレーニングに励みます!

りさりんの練習

辰野さんが大阪マラソンを走る理由とは?

ほんわかした雰囲気の辰野さんが大阪マラソンを走ると聞き、驚いたファンの方も多いはず。むしろ、誰より驚いたのはご本人自身だとか。
「最初は無理だと思って断ったんですけど、マネージャーさんから言われたんです。お前には何もないから、マラソンに挑戦すれば自信になる何かを掴めるんちゃうか、って。それで、そう思って出ることを決めて、それからはもうやる気満々です!」マネージャーさんからの厳しくも愛情ある言葉で出場を決めた辰野さん。大阪マラソンを走ることで、より魅力的なアイドルになることは間違いないでしょう!

りさりんの練習

だんだん怖くなってきました…!

「はじめの頃は実感がなくて、がんばろうっていう気持ちだけだったんですけど…。今は、もう本番が目の前に迫ってきて怖くなってきました。走りきれなかったらどうしようとか…。最近はやっぱりちょっと怖いです」
本番が近づくにつれて実感が湧き、不安も感じるようになってきたという辰野さん。練習をこなすことで、42.195キロという距離の長さをリアルに感じてきたということもあるでしょう。そんな彼女を励ましてくれるのがメンバーたちの応援。底抜けに明るいサクヤコノハナメンバーの笑顔を背に、辰野さんは走り続けます!

柔軟サポート

柔軟のサポートをするも…「やわらかっ!」

声援だけでなく、この日はトレーニングのお手伝いも!「みんなで押そう!」「のっかろう!」「ギュッといこう!」。ノリノリで、柔軟運動をする辰野さんの背中を(物理的に)後押し! ここで驚いたのが辰野さんの体の柔らかさ!「性格もほんわか柔らかくて可愛い辰野さんは、体も驚異の柔らかさだったんだ!」「なんだってー!」。思わず驚く辰野さんの秘密(?)でした。身体能力の高さを活かし、マラソンも1位目指して走りきります!

りさりんを褒める

皆さんの応援で、がんばろうって気持ちがどんどん強くなります!

コースレポートで今宮戎神社に行った際、絵馬に「1位で完走できたらたくさんほめてもらえますように」と書いた辰野さん。そんなリーダーのがんばりを褒めつつ応援してあげているメンバーたちです。ちょっともみくちゃにして楽しんでいるようにも見えますが…。実際、まわりの応援がものすごく力になるとのこと。「本気でがんばっているのを見て応援してくれる人たちがいるのが本当に嬉しいです。大阪マラソン応援サイトを見てツイッターをフォローしてくれた方とかもいますし、ファンの方も毎日ファイトボタンを押してくれたり…。そんな応援を皆さんにしていただけてるので、1位目指してがんばろうって気持ちがどんどん強くなります!」。不安以上に、がんばろうという気持ちがどんどん強くなってきたという辰野さんです。

りさりんへのコメント1

梨沙はすごい根性があるんですよ

「マラソンに出たいか聞かれた時に、最初はみんな断ったんですよ。でも、梨沙に決まってちょっとびっくりしました(笑)。梨沙はリーダーなんですけど、すごいいじられキャラなんですよ。ポンコツリーダーとか言われてるし(笑)。でも、実はすごい根性があるんです。42.195キロとか、私は持久走とか苦手なので無理なんですけど、梨沙なら走りきってくれるし1位になってくれると思います! メンバーもそうですけど、ファンのみなさんもすごい応援してくれているので、根性でやってくれると信じてます!」(渡辺葉月)

りさりんへのコメント2

1位になったらお尻を触らせてあげます!(笑)

「マラソンは出たいと思ったんですけど、42.195キロっていう長さを聞いてあきらめました。陸上部だったし、もうちょっと短かったら出たかったんですけど…。(何キロくらいなら出場した? の質問に)3キロ…5キロ!(笑)。梨沙が走るって聞いた時は〝え~!りさリン!?〟ってびっくりしました。でも、りさリンはいろいろできる人なので、走れるだろうなって。りさリンはリーダーなんですけど、いつもみんなを笑わせてくれる面白い人で、年上って感じがしなくて、5歳差あるのに同い年みたいな感じで話してくれるんです。そんなりさリンが、本当にすごくがんばってて、たまに足に湿布を貼ったりしてるのを見て、すごいなあって思いました。さっき〝1位になったらお尻さわらせて!〟って言われたので、1位になってくれたら触らせてあげます!(笑)」 (嶋田のあ)

りさりんへのコメント3

体を1番にがんばってほしいです

「りさリンは、自分から見るとママみたいな落ち着く存在で、グループではリーダーとして周りをみる能力をもってる人で信用のできる…やっぱりお母さんみたいな人(笑)。そのリサりんがフルマラソンを走るってきいて、一緒に走ってみたんです。自分も陸上をやってた時期があったので自信があったんですけど、りさリンのほうが早かったんですよ。それで、りさリン早いんや! ってびっくりして、応援しよう!って決めました。それからは走るりさリンの後ろを自転車でついていったりして練習のお手伝とかしたりしてます。りさリンは、ファンの方からいろんなアドバイスをもらうと全部チャレンジしてるんですよ。それにストレッチにもこだわって体の状態に気をつかってて、その姿を見るとすごいいい感じで走れるんじゃないかなって思います。がんばってるのを知ってるのでがんばれっていうのは言わないようにしてるんですけど、完走とか1位になるのも大事だけど、怪我とかしないように体を1番に考えてがんばってほしいと思います」(宮口愛絵里)

りさリンの大好きな○○

日々トレーニングに励む辰野さんですが、アニメが好きという意外(?)な趣味も持っています。そこで問題です。

問題

私が、今もっともお気に入りの
アニメのキャラクターはなんでしょうか?

りさリンの目に涙。その理由は?

eo光チャンネルの『ゲツ→キン』で練習に励む辰野さんの様子が紹介されました。その模様がこちらです!

photo gallery