eoイベントレポート

eonet.jp

  
FUNKYランニングクリニック2016 Vol.1
2016年6月25日(土)9:00〜 ミズノランニングステーション
今年もやってきましたFUNKYランニングクリニック! 第一回目となる今回は、超ビギナーに向けてのクリニック全2回の前編が行われました。

受け付け/開会挨拶など

  1. まずは受け付けから。クリニック後に抽選される豪華賞品のために、自分の名前を書いて、スタッフへ手渡します。
  2. 参加者は32名の方々。今回は、走るための動きづくり、ランニングフォームについてのレクチャーが行われます。
  3. ミズノ大阪店公式モデルとしても活動している「美人時計」の美女マラソン部メンバーも参加。クリニックに花を添えます。
  4. 昨年もクリニックを多いに盛り上げてくれていたFM802のDJで構成されているFUNKY JOGGERZからは、毎週日曜7:00〜12:00「SUPERFINE SUNDAY」などを担当しているDJ 浅井博章さん、そして毎週土曜・日曜5:00〜7:00にオンエアの「WEEKEND FOR-REST」担当のDJ 平野聡さんのお二人が参加してくれました。
  5. DJのお二人も交えて、まずは座学から。今回参加したほとんどの皆さんが、大阪マラソンなどなんらかの大会を目指しているとのこと。本番までにどういったメニューを組むか、どうやってトレーニングをすればいいかをミズノランニングステーションの中嶋コーチがレクチャーしてくれます。
  6. スピード練習のタイミング、距離を走る時期など、ビギナーにとっては目からウロコのタメになる内容が盛りだくさんです。
  7. 座学のあとには、こちらの美女マラソン部のメンバーたちが着用している着心地・デザイン・機能に優れたオリジナルTシャツやパンツの紹介が行われました。
  8. 続いて紹介された、ジェルや小銭などを入れられるリストバンドを参加者全員にプレゼント!
  9. 今回は参加された半数以上の方が、シューズ付きでクリニックを申し込みました。そのシューズがウェーブエニグマ6。クッション性に優れたビギナーにぴったりのモデルです。
  10. さらに先着15名の方にランニングウォッチ「セイコー スーパーランナーズ」のレンタルが行われたほか、「スワンズ」のサングラスは希望者全員に貸し出されました。

出発

  1. いよいよ実技スタート。その前にまずは入念にストレッチを行います。故障を回避するためにも、じっくり時間をかけて全身をほぐしていきます。
  2. ストレッチのあとは、軽いジョグで川崎橋まで。当日は雨が心配されたものの、なんとか降らずに全員ニッコリ。

実技スタート

  1. 川崎橋に到着したらクリニックも本番スタートです。「効率を良くする動き作り」として、お尻周りの筋肉強化やペアになって腕の振り方などを学んでいきます。
  2. 聞いたばかりの腕の振り、足の回転、体重移動などを意識しながら、実際に走ってみます。
  3. 重心を感じるためのトレーニングとして、ペアになり、まずは押してもらってラン。次に自分が押す側になると、はっきりと重心が意識できるんだとか。
  4. そのあとは、教えてもらったことを意識しながら1キロ7分のペースでのジョギングや「流し」「ウインドスプリント」と呼ばれる練習法などを行い、実技は終了です。

ミズノ大阪店へ

  1. 実技を終えた参加者の皆さんはミズノ大阪店へと戻ります。早速、効率的な動き方ができるようになったのか、快調なペースです!
  2. スタート時と同じく、最後も入念にストレッチ。ラン前後のケア次第で、コンディションが大きく違ってくるだけに、全員真剣です。

質疑応答/大抽選会

  1. 戻ってからは、DJのお二人がまずは今日の感想を。「蚊にかまれすぎた」と平野さん。浅井さんは自分のペースに合った曲を探してプレイリストに入れていることなどを話してくれました。
  2. その後、ミズノのスタッフも交えて、質疑応答のコーナーへ。「ランニングマシンでトレーニングをしているが、外を走った方がいいのか?」「モチベーションを保つ秘訣は?」「膝が痛くなりにくい走り方は?」などの質問にそれぞれ回答。参加した皆さんも大いに納得されていたようです。
  3. そしてお楽しみの抽選会。浅井さんも受けたことのあるという「ランニングフォーム診断システムF.O.R.M簡易体験版」は2名の方が当選、そしてランニングウェアが1名の方に贈られ、クリニックは無事終了しました。
  4. 最後にFUNKY JOGGERZから参加してくれたお二人の感想を。浅井さんは「日頃一人で走っていてはわからないことを教えてもらえました」とコメント。「今日聞いたことを活かして、早くトレーニングがやりたくなった」とやる気に火が付いたようです。今年の大阪マラソンに出られるとしたら「4時間30分を切りたいですね」と目標を語ってくれました。
  5. 「来るたびに思うんですが、グッズやウェア、トレーニングの仕方など、ほかの人と走るのってすごく参考になるんです」と平野さん。これまで連続出場している大阪マラソンについては、去年が一番楽しかったそう。「今年もしまた出られるとしたら、ココ数年ずっと目標にしている4時間30分を切りたい」と意欲を見せていました。