eoイベントレポート

eonet.jp

ディスカバリーチャンネル科学実験館〜コズミックカレッジ〜
2016年8月28日(日)14:00〜 大阪大学豊中キャンパス
8月最後、そして夏休み最終の日曜日になった8月28日(日)、「ディスカバリーチャンネル科学実験館〜コズミックカレッジ〜」が、大阪大学豊中キャンパスで開催されました。

受け付け開始

  1. 会場となったのは、大阪大学豊中キャンパスにある法学部講義棟。スタート前は少し雨も降りましたが、おおむね良好な天候。参加する皆さんが次々に集まってきます。
  2. 会場前では宇宙飛行士がお出迎え。記念撮影にも応じてくれていました。
  3. 2009年のスタートから今年で8年目を迎えるコズミックカレッジは、これまで3万5000人以上が参加した人気イベント。今年は東京や名古屋など、全国5つの都市で行われました。
  4. 受け付け横の部屋には展示ブースを設置。人工衛星の模型や、タブレットを使って操作する月面探査ロボット・ローバーなどを見て、触れて、開演前から子どもも大人もテンションが上がります。
  5. こちらが受付時に手渡されるもの。ミッションをクリアするごとに星のステッカーを貼っていくシート、箱に入っているのは今回使用する様々な実験道具です。どんな実験が行われるのでしょうか!?

コズミックカレッジ講師 猿渡智衛先生のコメント

  1. イベント開始前にコズミックカレッジ講師、猿渡智衛先生にお話しをお聞きしました。

    ————参加する子どもたちの印象はいかがですか? 「最初はあまり興味の無さそうな子どもが、進むに連れて眼の色が変わって来るんです。そして、楽しかった! 来年もまた来ます! と言って帰っていくのがうれしいですね。保護者の方は専門的な質問をされたり、お子さんより熱心な方もいらっしゃいますね」

    ————今年の実験については?
    「液体窒素を使った実験を初めて行います。ほかにもペットボトルのロケットや電気を起こすなど、どれもおもしろい実験になっていますよ」

    ————参加される方にメッセージをお願いします。
    「宇宙はまだ95%が未知の世界。わからないことを学ぶことの素晴らしさ、そして、わからないことをみんなでいっしょに考えていくことで、宇宙にくわしくなるだけでなく、学ぶ力もついてくると思いますよ!」

コズミックカレッジスタート!

       
  1. いよいよ、コズミックカレッジがスタート! 今回のテーマは「もうひとつの地球へ、大冒険!」。2045年からきた独立型人工知能「TAO」といっしょに、もうひとつの地球を探す旅に出発します。到着までには、
    Stage.1「宇宙空間を学べ!」、
    Stage.2「宇宙航法を学べ!」、
    Stage.3「望遠鏡を学べ!」、
    Stage.4「電磁誘導を学べ!」、
    Stage.5「ローバー投入、通信を確保せよ!」、
    Stage.6「チームスピリット!」
    という、6つのステージをクリアしなければいけません。
  2. ナビゲータークルーの猿渡先生、永崎さんが登場。今回集まった約300人の参加者といっしょに、これから様々な実験を行っていきます。

Stage.1「宇宙空間を学べ!」

  1. 実際のロケットの燃料でもある水素と酸素を使った「ペットボトルロケット!」や、宇宙空間の温度であるマイナス270℃に近づくマイナス196℃の液体窒素に花を入れて瞬間的に凍らせる「草花の変化実験!」などが行われました。
  2. なかでも液体窒素と約90℃のお湯を合わせる「お湯が水蒸気になって噴出!」は大迫力! 蒸気爆発で噴出した水蒸気が会場に立ち上り、参加した子どもたちも驚いていました。

Stage.2「宇宙航法を学べ!」

  1. 「スーパーボール組み合わせ実験」では、宇宙船の航法で使われる「スイングバイ」について学習。
  2. この実験は、参加したみんなが実際に自分で行います。安全のため、全員がゴーグルを着用して、大小のスーパーボールを使っての実験がスタートです。
  3. 組み合わせることで大きく弾むスーパーボールの加速は、地球の重力エネルギーを使う人工衛星の加速と同じ。全員が一生懸命実験に取り組みます。ほかにも、ネオジウム磁石を使った「ガウス加速実験!」も行われました。

Stage.3「望遠鏡を学べ!」

  1. 天体望遠鏡に関する様々なクイズを出題。写真は、天体望遠鏡が星の発する○○をもとに観測しているかを問いかけるクイズ。参加したみんなは、ワークシートに答えを書き込みます。望遠鏡の仕組みを知れば知るほど、もっと興味が沸いてきます。

Stage.4「電磁誘導を学べ!」

  1. フェライト磁石などを使って、実際に電気を作り出す実験を行いました。
  2. 「ぶんぶんゴマ発電実験!」は、フェライト磁石をつけたぶんぶんゴマに、LED付きコイルを近づけて光らせるというもの。全員が真剣に取り組み、見事ミッションクリアです。

Stage.5「ローバー投入、通信を確保せよ!」

  1. 月面探査ロボットについて学びました。選ばれた参加者が操作盤だけを見て、月面探査ロボットを操縦。会場のみんながサポートし、見事ゴールにたどり着くことに成功しました。
  2. ここまで5つのステージをクリア。残すはいよいよあと1つ。

Stage.6「チームスピリット!」

  1. 最後のミッションは、参加者を大きく3ブロックに分けて、しっかりと手をつなぎ、全員に電気を通すというこの実験。電気を感じた瞬間、歓声が上がり、見事大成功。すべてのステージをクリアすることができました!

特別講演

  1. このあと、関西会場だけの特別講演を開催。月についての様々なことを学び、今回のコズミックカレッジは終了しました。

イベント終了

  1. 最後には、来場者特典として人工衛星についての本とレアなカードのプレゼントも!
  2. 「ステージ1の、リニアモーターカーにも使われていると言っていた超伝導の実験がおもしろかったです!」
  3. 「一番最後のチームスピリットが楽しかった。手をつないでいたらビリビリきた!」
    これで、すべてのミッションをクリア。参加してくれた皆さん、ありがとうございました!