このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

イチからはじめるセキュリティー

スマホ・タブレット

SMS(ショートメッセージサービス)について

SMSとは携帯電話同士で相手の電話番号を指定して、短いメッセージを送信できるサービスです。2011年に国内通信各社のSMSの相互接続がスタートしてからSMSの利用数が増加し、それに伴いSMSを使った迷惑SMSやスパムSMSも増えてきました。

SMSを使った手口とは

迷惑SMSも基本的にはメールに送られてくる手口と同じで、特定の不正サイトに誘導させたり、電話をかけさせたりするものです。

メールに比べて、迷惑SMSは見かけることが少なく、電話番号が通知された状態で届くため、迷惑SMSを受け取った利用者も無防備な状態でメッセージを受け取ってしまいがちです。

知らないうちに送金を依頼するSMSを自分の電話帳に入っている人たちに送信されてしまうウイルスも存在し、知っている人からのSMSが迷惑SMSだったということもありえます。

SMS攻撃から身を守る方法

SMSを利用した悪質な攻撃から身を守るための対処方法をご紹介します。

■迷惑SMSの拒否設定をする

通信各社では迷惑SMS対策法として、SMSの受信拒否設定サービスを提供しています。全てのSMSの受信拒否や、特定の送信者からのSMS受信拒否など設定方法が選べます。

<各通信会社のSMS受信拒否設定方法>

■知らない電話番号からのSMSは知人かどうかを確かめる

突然知らない電話番号からSMSが来た場合には、まずは知人かどうかを確かめるようにしましょう。知人であることが確認できない場合は、無視するのが一番です。

知人かどうかを確かめるため、そのSMSに返信したり、電話番号を表示したまま相手に連絡をとるのは絶対にやめましょう。もし、悪意ある送信者だった場合、SMSを使っていることが知られてしまい、迷惑SMSの標的にされてしまうかもしれません。

■電話番号やURLが記載されたSMSは疑う

迷惑SMSやスパムSMS送信者の目的として、特定のサイトに利用者をアクセスさせることや、電話番号などの個人情報を取得すること、特定口座に入金させる詐欺を働くことなどが考えられます。

記載してある番号に電話をかけるように誘導したり、「http://」「https://」からはじまるホームページへのリンクURLが記載されているときは、不用意に行動せず、悪意のある第三者からのメッセージではないかと疑うようにしましょう。

関連コンテンツ
eoがサポートするセキュリティーサービス
ウイルスバスターマルチデバイス月額版 for eo
「ウイルスバスターマルチデバイス月額版 for eo」は、パソコンだけではなく、Android™搭載のスマートフォンにも対応。1ライセンス3台までご利用いただけます。(月額420円:1ライセンス)
eo光多機能ルーターレンタルサービス
eoでは簡単設定のブロードバンドルーターのレンタルサービス「eo光多機能ルーターレンタルサービス」をご提供しています。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ

PAGE TOP