設備・機器

屋外配線引き込み工事について

屋外から屋内へ光ファイバーケーブルを引き込む際の主な工事パターンの概要をご紹介します。

※ページで紹介している施工事例はほんの一例です。お客さま宅の建物状況や弊社の光ファイバーケーブル引き込み状況により異なる場合があります。

パターン1:外壁から引き込み

外壁から引き込み
ケーブル引き込み部分
ケーブル引き込み部分

電柱から架空で引き込みます。屋外壁面に光ファイバーケーブルの引留金具、固定用アンカーなどを取り付けます(金具取り付けのためボルト止め用の穴を開けます)。光ファイバーケーブルは大変繊細なため、お取り扱いには十分ご注意ください。お客さま都合で弊社設備(光ケーブル含む)を損傷された場合は、お客さまご負担での改修となります。

工事の様子
工事の様子
ONU設置例
ONU設置

ONU(弊社設備)を屋外壁面に設置させていただきます(金具、ONU取り付けのためにビス止め用の穴を開けます)。
ケーブル類はお客さま所有設備となります。
機器寸法/W:200mm×D:
55mm×H:160mm
※eo光テレビにご加入の場合のみ必要となります。

工事の様子
工事の様子

「家の外壁はどうなるの?」「工事の人は家の中に入ってどんなことするの?」など、eo光サービスを導入したことによる工事に関する疑問点を解決するため、工事の様子を場面ごとに動画で紹介します。

パターン2:地下配管から引き込み

光ファイバーケーブルを引き込み小柱からお客さま敷地内の配管を利用して引き込みした場合のイメージです。
配管についてはお客さまにてご準備いただきます。弊社で配管設置工事は行っておりません。

地下配管から引き込み

宅内機器・配線について

各種お申し込み・お問い合わせ

Page Top