ゴルフルール講座

ゴルフ用語集を見る →

バンカー内での禁止事項について

バンカー内でやってはいけないことバンカー内では、フェアウェイやラフにあるボールとは異なるルールが多数あります。バンカー内でプレーする際に知っておくべきルールについて解説します。

1. ハザードの状態をテストすること 1. ハザードの状態をテストすること
天候に関わらず、バンカー内の状態や砂の質を確かめるために、手で触れたり押さえたりすることは禁止です。もし違反した場合、ストロークプレーの場合では2打のペナルティが科せられ、マッチプレーではそのホールの負けになりますので要注意です。

2. ハザード内の地面にクラブで触れること 2. ハザード内の地面にクラブで触れること
例外(後述)を除いて、クラブが砂に振れたら2打のペナルティが科せられます。スタンスやアドレスをとる際はもちろんのこと、規則に基づいて障害物を取り除いたり、距離を測ったり、ボールを回収したり、拾い上げたり、リプレースやブレースをしているとき以外でハザード内の地面に手やクラブが触れるとペナルティーが科せられます。

3. ハザード内のルースインペディメントに触れたり動かすこと 3. ルースインペディメントに触れたり動かすこと
一般のプレーヤーに良く間違えられやすいのが、ボール付近にある落ち葉などの「ルースインペディメント」に触れる行為です。バンカー内にある小石や落ち葉などは、たとえボールに覆いかぶさっていたとしても手で拾い上げたり、はらい除けたりすることはできません。この場合も2打のペナルティが科せられますので注意しましょう。

【例外】転びそうなのを防ごうとした時 【例外】転びそうなのを防ごうとした時
バンカー内で、足がとられて転んでしまいそうになった際、転ぶのを防ぐためにやむなくクラブで体勢を支えた場合は、ペナルティは科せられません。

【例外】ハザード内に使用しないクラブを置くこと 【例外】ハザード内に使用しないクラブを置くこと
バンカー内にいくつかクラブを持ち込み、ショットに使用するクラブを選択する際、使用するクラブを決めて「使わないクラブ」をバンカー内に置くのは問題ありません。

ルールのポイント

ルールのポイント 上記の【例外】の際、ショットするクラブを決め、使わないクラブを一度置いたにも関わらず、違うクラブでショットしようと、置いたクラブに触れた時点で2打のペナルティになります。また、1打ではバンカーから脱出せず、打ち直す際に違うクラブに替えようとして、置いてあるクラブに触れることも禁止です。
クラブ選択の際は、バンカーの外でクラブを選択し、使わないクラブはバンカーの外に置いておくのが賢明です。

今回のルールのポイントを動画で確認!
動画を見る

ページTOPへ戻る ↑

バンカー内にできた水たまりの処置について

バンカー内にできた水たまりの処置について激しい雨の後のバンカーには、水たまりや流水跡が出来ることが珍しくありません。バンカー内の水たまりにボールが止まってしまった場合、どう処置をすれば良いのか迷ってしまいますよね。
ルールでは、バンカー内の水たまりは、カジュアルウォーターの中にあるボールとして無罰の救済を受けることが出来ると定められています。ただし、救済のニアレストポイントとボールをドロップする場所は、どちらもそのバンカー内でなければなりません。このルールでは、バンカー内でその状態から最大限の救済を受けられ、ホールに近づかず、しかもボールのあった場所に出来るだけ近い所を「救済のニアレストポイント」とし、そこからホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップすることが出来ると定められています。

1. 救済は同じバンカー内でおこなう 1. 救済は同じバンカー内でおこなう
救済措置をする場合、ボールのある同じバンカー内で行うこと。もし、バンカー内が水で一杯だった場合は、あるがままの状態でプレーするか、
@罰なしに、そのバンカー内でカジュアルウォーターが最も浅い場所で、ホールに近づかず、しかも球の止まっていた箇所に最も近い地点に球をドロップする。
A1打の罰を加えて、そのバンカーの外側でホールと球のあった地点とを結んだ後方線上の箇所に球をドロップする。
Bアンプレアブルを宣言し、【ゴルフ規則裁定集 規則28】にしたがって処置する。
のいずれかの処置を選択しなくてはなりません。

2. 救済のニアレス・トポイントを決める 2. 救済のニアレストポイントを決める
水たまりに入ったボールから一番近くで水たまりを避けられる「ニアレストポイント」を決めます。ホールに近づかない場所(水たまりの横側もしくは後方)のバンカー内で、球に最も近い地点を探します。
【用語集】→ 救済のニアレストポイント

3. ニアレストポイントの位置にティを刺すと処置がしやすい 3. ニアレストポイントの位置にティを刺すと処置がしやすい
ニアレストポイントの位置に基点となるティなどを刺します。

※この場面でクラブが地面に触れても「計測中」は無罰。
※また、ティを刺すのは明確にするためであって、ルール上は刺さなくとも無罰です。

4. 1クラブレングスの位置にもう一本ティを刺すと範囲が判りやすい 4. 1クラブレングスの位置にもう一本ティを刺すと範囲が判りやすい
1クラブレングスの計測に使うクラブはドライバーでもOKです。「次に使うクラブ」などとは特に定められていません。
【用語集】→ 1クラブレングス

5. ドロップするエリアが確定 5. ドロップするエリアが確定
1本目のティから2本目のティの後方で、水たまりにかからない扇形の部分がドロップできるエリアとなります。ドロップエリアが確定したらボールを拾い上げてください。
【用語集】→ ドロップ

6. 実際にドロップする 6. 実際にドロップする
ドロップする際は、ボールを持ったまま肩の位置まで腕を伸ばし、そこからボールを落とします。これでバンカー内の水たまりの処置が完了です。ボールをドロップした際に、水たまりの中で止まってしまった場合などは再度、ドロップしなくてはなりません。

ルールのポイント

ルールのポイントこのルールのポイントは、処置する上でホールに近づいてプレーヤーが必要以上に有利にならない点と、全ての処置は同一のバンカー内である点。これが必要条件になります。
また、ニアレストポイントを決めてボールを拾い上げた際、ドロップする前にボールの汚れをきれいに拭き取ることは、ルール上認められているので覚えておいてください。
「認められていることは活用する」「認められていないことは絶対にしない」。ルールを良く知れば、ルールで許されている範囲で、プレーヤーにとって最も有利な選択をすることが出来るのです。

今回のルールのポイントを動画で確認!
動画を見る

ページTOPへ戻る ↑

「スマート」にゴルフを楽しむためのゴルフマナー講座
Profile

高尾 貴広さん PGAゴルフアカデミー東条の森 ティーチングプロ
森 裕典 さん
1973年10月21日生まれ、大阪府出身(大阪電気通信大学高等学校卒)
身長176cm、体重70kg、血液型B型
プロ入会/2002年1月1日(PGAティチングプロA級・ジュニア指導員資格取得)
2016年より、PGAゴルフアカデミー東条の森カントリークラブにてティーチングプロとして活動を開始。「正しいレッスンを受け、練習を続ければ必ず上達する!」を信念に、根気よくレッスンを行っている。

高尾 貴広さん PGAゴルフアカデミー東条の森 ティーチングプロ
高尾 貴広 さん
1971年11月20日生まれ、大分県出身(大分商業高校卒)
身長170cm、体重64kg、血液型O型
プロ入会/2011年1月1日(PGAティチングプロB級取得)
現在、PGAゴルフアカデミー東条の森カントリークラブにてティーチングプロとして活動。優れたゴルフ指導技能と気さくな人柄でレッスン生からも好評を得ている。

PGAゴルフアカデミー
ページの先頭へ
ページの先頭へ