ゴルフルール講座

ゴルフ用語集を見る →

グリーン上のルール(やっても良いこと)

パッティンググリーン上の基本ルール(やっても良いこと)ゴルフにとってパッティンググリーンは、プレーの最後を締めくくる重要な場所です。その分ルールも細かく規定されています。人の見よう見まねではなく、正しい知識を身に付けた上でプレーに臨みましょう。まずはグリーン上でできる基本的なルールについて解説します。

1. ボールをマークして拾い上げることが出来る 1. ボールをマークして拾い上げることが出来る
グリーンに乗ったボールは、ボールマーカー(手元に無い場合は小さなコインまたは同等の物)をボールの後ろに置いて拾い上げることができます。この際、ボールから離し過ぎてマークをすると「正確にマークをしていない」と判断され、1打のペナルティが科せられる場合がありますので注意しましょう。

2. カップの埋跡やピッチマークを修復することが出来る 2. カップの埋跡やピッチマークを修復することが出来る
パッティングの際、グリーン上にあるピッチマーク(グリーンにボールがのった時にできるへこみ)や古いカップの跡は修復することが可能です。これらはパットの線上にある場合であっても修復をすることができるので、転がりへの影響を考えるとパッティング前にていねいに修復することをお薦めします。また、落ち葉などのルースインペディメントは取り除くことができます。ルースインペディメントには生きている虫や動物の排泄物なども含まれますが、生長している植物や地面に固く食い込んでいるものは除きます。
【用語集】→ ピッチマーク

ルールのポイント

ルールのポイント ボールマークをしてボールを拾い上げた際には、ボールに付いた土や汚れをタオルで拭き取ることが可能です。小さな砂粒でもボールの転がりが変わる場合もありますので、綺麗にしておくことをお勧めします。

今回のルールのポイントを動画で確認!
動画を見る

ページTOPへ戻る ↑

グリーン上のルール(やってはいけないこと)

パッティンググリーン上の基本ルール(やってはいけないこと)パッティングをする際、グリーンのアンジュレーションや芝の状態を観察したり、どのようなラインでボールが転がるのかを予測することが重要です。しかし、それらを確認する行為には様々な制限が課せられています。ここではグリーン上でやってはいけない基本的なルールを解説します。

1. パッティングラインに触れたりテストしてはならない 1. パッティングラインに触れたりテストしてはならない
プレーの最中はパッティングライン上のグリーン面に触れたり、テスト(触って芝の状態を確かめるような行為)をしてはいけません。直接手で触れなくても、ボールをグリーン面に必要以上に擦り付けたりした場合などは「グリーン面をテストした」という理由で、2打罰になる場合があります。

2. スパイクマークを修復してはならない 2. スパイクマークを修復してはならない
前述の「やっても良いこと」では、ピッチマークや古いカップ跡を修復することが可能でしたが、スパイクマークは修復することができません。ボールのラインが変わる可能性があっても修復を行えばルール違反になってしまいます。ゴルフマナーにもある通り「グリーン上では靴を引き摺って歩かない」という注意は、こういったルールにも密接に関わってきますのでプレーの際には充分に配慮しましょう。
【用語集】→ スパイクマーク

3. パッティングの際、ボールが旗竿に触れてはならない 3. グリーン上からのパッティングの際、ボールが旗竿に当たってはならない
グリーン上からのパッティングの際にボールが旗竿に当たるのはルール違反です。必ず旗竿を抜いてからパッティングしましょう。また、ロングパットでカップが見えない場合はキャディ(※同伴プレーヤー)に旗竿に付き添ってもらい、打った後ボールが当たらないよう抜いてもらいましょう。

ルールのポイント

ルールのポイントグリーン上でのみ許されていることや罰則になる事を理解し、スムーズに実践することで、プレーのリズムが良くなりパッティングの集中力も増します。ルールを理解することは、良い結果(スコア)への近道ともなるのです。

今回のルールのポイントを動画で確認!
動画を見る

ページTOPへ戻る ↑

キャディーのルール違反はプレーヤーの責任

キャディーのルール違反はプレーヤーの責任ルールは「プレーヤーだけが注意していれば良い」とは限りません。ここではプレーヤーの指示ではなくても、キャディが行うことでプレーヤーがルール違反になってしまう一部の例を紹介します。

1. 旗竿や手で直接グリーン面に触れることは禁止 1. 旗竿や手で直接グリーン面に触れることは禁止
旗竿の付き添いの際、パットの狙い所を示すために旗竿や手で「グリーンに触れて」指し示す行為はルール違反になります。ラインのアドバイスのために、足の位置を踏み変えて示すことも罰則の対象になります。

2. キャディがプレーの線を示す目印になってはならない 2. キャディがプレーの線を示す目印になってはならない
キャディー(同伴プレーヤーやクラブなども含め)を目標の位置に立たせた(置いた)ままストロークをするのもルール違反になります。グリーン面に触れずにプレーの線を示している場合でも、ストローク前に取り除かなくては罰則の対象です。

ルールのポイント

ルールのポイントキャディさんはルール上、プレーヤーにアドバイスができる存在ですが、同時に罰則の対象となる行為をされた場合にもプレーヤーが責任を負わなければなりません。ゴルフ場もルールについての教育を行っていますが、プレーヤーがルールを理解し、正しい指示をすることでルール違反を避けることができます。

今回のルールのポイントを動画で確認!
動画を見る

ページTOPへ戻る ↑

「スマート」にゴルフを楽しむためのゴルフマナー講座
Profile

高尾 貴広さん PGAゴルフアカデミー東条の森 ティーチングプロ
森 裕典 さん
1973年10月21日生まれ、大阪府出身(大阪電気通信大学高等学校卒)
身長176cm、体重70kg、血液型B型
プロ入会/2002年1月1日(PGAティチングプロA級・ジュニア指導員資格取得)
2016年より、PGAゴルフアカデミー東条の森カントリークラブにてティーチングプロとして活動を開始。「正しいレッスンを受け、練習を続ければ必ず上達する!」を信念に、根気よくレッスンを行っている。

高尾 貴広さん PGAゴルフアカデミー東条の森 ティーチングプロ
高尾 貴広 さん
1971年11月20日生まれ、大分県出身(大分商業高校卒)
身長170cm、体重64kg、血液型O型
プロ入会/2011年1月1日(PGAティチングプロB級取得)
現在、PGAゴルフアカデミー東条の森カントリークラブにてティーチングプロとして活動。優れたゴルフ指導技能と気さくな人柄でレッスン生からも好評を得ている。

PGAゴルフアカデミー
ページの先頭へ
ページの先頭へ