ゴルフルール講座

ゴルフ用語集を見る →

ティーイングラウンドでの空振りについて

ティーイングラウンドでの空振りについてティーイングラウンドでのルールでも、いざ起こってしまうと「どうすれば良いのか」迷ってしまうケースがあります。例えば、「ティーショットの空振り」です。
今回は、ティーショットでの空振りをしてしまった場合に、球が動いてしまったときの正しい対処と注意点を解説します。

1. 空振りによってティーペグからボールが落ちた場合 1. 空振りによってティーペグからボールが落ちた場合
ティーショットで空振りをしてしまい、その影響でボールがティーペグから落ちた場合、恥ずかしさと気まずさで、慌てて「ボールをティーペグの上に戻して打ってしまったこと」は、ありませんか?お気持ちはわかりますが…、これは間違った処置です。ボールには当たらなかったものの、「打つ意思を持ってクラブを前方に振った」時点で「ストローク」をしたことになりますから、ティーペグから落ちたボールは、すでに1ストローク終えて「インプレーの球」になっています。「インプレーの球」は、規則で定められている時以外は、動かしたり触ることが許されていません。(ボールに触った時点で1打罰)。この場合の正しい対処は、ボールが落ちて止まっている場所からそのまま2打目のプレーを再開しなければならないのです。
※この場合、残っているティーペグが邪魔になれば取り除くことができます。
【用語集】→ インプレーの球

2. アドレス、ワッグル中のボールの落下は無罰 2. アドレス、ワッグル中のボールの落下は無罰
同様のケースでも、ティーショットのアドレスでクラブを構えた際に、偶然ヘッドが当たってティーペグからボールが落ちた場合は、処置が変わります。これは「打つ意思を持ってクラブを前方に振った」わけではないので「ストローク」をしていません。つまり、そのホールのプレーはまだ始まっていないのです。ですから、ボールが動いた罰もなく、改めてティーペグの上にボールを置きなおし、そのホールのティーショットをすることができます。
【用語集】→ ワッグル

3. インプレーの球を動かす 3. インプレーの球を動かす
先の2つの違いは「ストロークの有無」と「インプレーの内外」にあります。空振りという「ストローク」によってボールが落ちた場合は、すでにインプレーになっており、アドレス中に偶然ボールが落ちた場合は、まだインプレーになっていません。インプレーの球を、規則で定められている時以外に動かしたり触った場合には「1打罰」が課せられます。この場合、動かしたボールは元の場所に「リプレース」されなくてはなりませんが、それを怠った場合、更に「1打罰」が課せられます。

ルールのポイント

ルールのポイント 実際に、空振りで落ちたボールを戻して打った場合の打数ですが、@空振りで1ストローク、Aボールを戻す際にボールに触れたことによる1打罰、B打ち直したショットの1ストローク、Cリプレースを怠った1打罰と、合計ですでに4打目を打ったことになるのです。プレー中にボールが動いた場合は、まずは慌てず、それがペナルティになるのか、リプレースが必要なのか、そのままインプレーなのかをよく考え、落ち着いて対処することが肝心です。

今回のルールのポイントを動画で確認!
動画を見る

ページTOPへ戻る ↑

「スマート」にゴルフを楽しむためのゴルフマナー講座
Profile

高尾 貴広さん PGAゴルフアカデミー東条の森 ティーチングプロ
森 裕典 さん
1973年10月21日生まれ、大阪府出身(大阪電気通信大学高等学校卒)
身長176cm、体重70kg、血液型B型
プロ入会/2002年1月1日(PGAティチングプロA級・ジュニア指導員資格取得)
2016年より、PGAゴルフアカデミー東条の森カントリークラブにてティーチングプロとして活動を開始。「正しいレッスンを受け、練習を続ければ必ず上達する!」を信念に、根気よくレッスンを行っている。

高尾 貴広さん PGAゴルフアカデミー東条の森 ティーチングプロ
高尾 貴広 さん
1971年11月20日生まれ、大分県出身(大分商業高校卒)
身長170cm、体重64kg、血液型O型
プロ入会/2011年1月1日(PGAティチングプロB級取得)
現在、PGAゴルフアカデミー東条の森カントリークラブにてティーチングプロとして活動。優れたゴルフ指導技能と気さくな人柄でレッスン生からも好評を得ている。

PGAゴルフアカデミー
ページの先頭へ
ページの先頭へ