ABCゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「ABCゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ABCゴルフ倶楽部

コース攻略の鍵を握るのは、正確なボールコントロール。コース上の池やバンカーがプレイヤーにとって大きなプレッシャーに。中でもバンカーには注意が必要で、ベトナム産のキメ細かい砂には、一度捕まるとバンカーショットで飛距離を出すのは至難のわざ。堅実で緻密なプランニングと、ターゲットをピンポイントで狙える正確なショットができなければ、スコアを大きく崩す可能性も。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えのショートホール。ティーイングラウンドからピンまで打ち下ろしになっているので、まずは慎重なクラブ選択を。また、ティーイングラウンドとグリーンで風向きが違う場合があるので、ピンフラッグが流れる方向をしっかり確認。さらに、グリーン左右と前後のガードバンカーはアゴも高く、やっかいなので細心の注意を払って、高い球でグリーンを確実にとらえることが大事。グリーンは左から右の下り傾斜に加えて、奥から手前へも下っているので、パッティングラインとタッチの力加減には充分なシミュレーションを。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、230ヤード付近の左右バンカーを避けてフェアウェイセンターよりやや右狙い。2打目で注意すべきはグリーン手前、左右に配置されたアゴの高いバンカー。特に左側のバンカーに入ると脱出は困難を極める。花道も狭く、グリーン周りのアンジュレーションも複雑なので、確実にグリーンをとらえたい。グリーンは受けているものの、所々にコブのようなマウンドがあるので、傾斜の確認は慎重に。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ABCゴルフ倶楽部の名物ロングホール。ティーショットは、左右から迫り出した木がプレッシャーに。フェアウェイ両サイドにあるバンカーは、よほどの飛距離が出ない限り届かないので、安心してフェアウェイセンターを狙う。2オン狙いであれば、グリーン手前に大きな池が絡む。安全に攻めるのであれば、池の左を狙うルートが確実。得意な距離を残してフェアウェイをキープし、3打目はグリーン右の池と左の大きなバンカーに注意しながら打つこと。グリーンは池へ向かって下っているので、ボールがピンの奥についてしまうと、返しのパターのタッチには細心の注意が必要。

ページの先頭へ
ページの先頭へ