阿騎野ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「阿騎野ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

阿騎野ゴルフ倶楽部

戦略性が高く、総距離約7,000ヤードと距離も長いため、攻略には飛距離と精度の両方が必要となる。フェアウェイは広くフラットな地形なので、ティーショットは豪快に。池やバンカーが絡みやすいセカンドショットは、飛距離よりもターゲットを重視したテクニックを。そして、ポテトチップのようなアンジュレーションが効いたグリーンは、正確なラインの読みと繊細なタッチが必要となる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池が絡んだ距離の短いミドルホール。右サイドにグリーン横まで伸びた大きな池があるため、ティーショットではスライス厳禁。飛距離が出ればグリーン手前まで飛ばすことも可能だが、リスクに配慮して得意な距離を残して刻む方が安全。セカンドショットでは、グリーン右サイドが池に近いので、右にピンが切ってあってもグリーンセンター狙いで。グリーン周辺のラフは深く、うねりがきついのでグリーンは何としても捉えたいところ。グリーンは受けているため、できるだけピンよりも手前につけて上りのパッティングを残したい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな打ち上げのミドルホール。ティーショットは、180ヤード先のバンカーに注意して、フェアウェイ右サイドへ。2打目で注意するべきは距離感とクラブ選択。打ち上げている分、大きめの番手を選びがちになるが、グリーン奥はスペースが狭く、加えてバンカーが3つ並んでいるので、奥につけるよりも手前に残す方がリスクも少ない。右手前にアゴの高いバンカーがあるので、左手前が狙い目。グリーンは受けているため、ピンよりも手前から攻めること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは、できるだけ飛距離を伸ばしてフェアウェイ真ん中に。左にいくとバンカー、右にいくとセカンドショットで池が絡むので要注意。2オン狙いの場合、角度によってはグリーン手前に池が絡むだけでなく、グリーンの形状が横に広く、奥行きが狭いので慎重に距離感を計ること。3オン狙いの場合は、グリーン手前のアンジュレーションが複雑なので落とし所に注意。特にグリーン右手前のバンカーはアゴが高く、脱出には困難が強いられるので絶対に避けること。

ページの先頭へ
ページの先頭へ