朝日野カントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「朝日野カントリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

朝日野カントリー倶楽部

インコースに4ホール、ドッグレッグのコースがあるものの、全体的には真っ直ぐに伸びたホールが続く。コース攻略で最も重要な要素は「距離感」。フェアウェイが広いため思い切ってティーショットができるが、、コースを包み込むようにそびえる木々が錯覚を与え、距離感を乱されてしまう。特にティーショットでは、見た目の景色に惑わされずいつも通りのショットが出来るかが、コース攻略の鍵を握る。コースによっては、FWとドライバーを使い分ける判断力がスコアにも大きく影響してくる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや左ドッグレッグのミドルホール。ここで注意しなければならないのが、ティーショットの狙いどころ。フェアウェイ右サイドは林がせり出しており、その右の林を意識しすぎて、無意識のうちに左へと打ち込んでしまう場合がある。だが、左サイドはOBになるリスクが高く、セカンド以降のショットが難しくなってしまうので、見た目に惑わされず、センターよりもやや右を狙って打つこと。グリーンは砲台型になっているので、セカンドショットはランの出にくいアイアンで、しっかりとグリーンを捉えたい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなショートホール。グリーン手前には大きなバンカーがあり、ピンの位置によっては、落とし所が限定されてしまう。グリーン右側のシビアな位置にピンがある場合は無理をせず、まずはグリーンにのせることを最優先してショットすること。また、クラブ選択も重要なポイントで、ピンまでの距離や風向きなどの状況をしっかりと確認することは言うまでもない。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットで注意しなければならないのが右側の池。ティーイングラウンドからは木々が茂っているせいで見えづらいが、実際にはかなり大きな池が配置されている。スライスが多いプレーヤーは特に注意が必要。セカンドショットからやや下りになっており、コースの幅も徐々に狭くなっているので、グリーンを狙う際はクラブの選択が重要に。ショットの精度に自信がなければ、グリーン手前の花道狙いで、アプローチ勝負をする選択も考えられる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ