粟賀ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「粟賀ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

粟賀ゴルフ倶楽部

コース攻略の鍵を握るのは、セカンドショットの正確性。特にインコースでは、セカンドショットでつま先上がりのショットが必要な場面が多い。また、ロングホールは距離が長く、セカンド地点でかなりの距離が残るため、ショットの精度だけでなく飛距離も必要になる。その他、グリーンが砲台状になっているホールが多く、周囲にはアゴの高いガードバンカーや池が配置されているので、ショットの正確性がスコアメイクのカギを握る。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    距離のあるショートホール。ティーショットは、左右のガードバンカーを避けてグリーンセンター狙い。見た目には判りづらいが、ホール全体を通して微妙な打ち上げになっているので、1番手大きいクラブを選ぶのがポイント。グリーンは比較的フラット。縦に約31ヤードと長いので、ピンをデッドに狙っていきたい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    左ドッグレッグのミドルホール。ホール全体が左に傾斜しているので、落としどころに注意が必要。ティーショットはフェアウェイ右狙いで。ボールが傾斜を転がり、ちょうどフェアウェイセンター付近に止まるはず。セカンド地点からは大きく打ち下ろしになっているので、左足下がりのショットが強いられる。距離と方向を十分に確認してショットしなければ、グリーン左手前の池へ。グリーンは受けているので、ピンよりも手前に落として、上りのパッティングに繋げたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    ストレートなロングホール。ホール全体が左に傾斜しているので、ティーショットは正面の吹流しよりも右を狙ってできるだけ距離を稼ぎたい。セカンド地点からは打ち上げになっているので、刻むにしても1番手大きめのクラブを選ぶこと。残り100ヤード付近にある左側の池に要注意。グリーンは砲台になっているので、手前の花道に刻んでアプローチで寄せワンを狙う方が効果的。グリーンは比較的フラットなので、1ピン以内に着ければバーディーも十分に狙える。

ページの先頭へ
ページの先頭へ