ベアズバウ ジャパン カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「ベアズバウ ジャパン カントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ベアズバウ ジャパン カントリークラブ

総距離約7,000ヤードのロングコースを攻略するには飛距離を無視することはできない。しかしそれだけに意識を傾けてしまうと、ショットの正確性は失われリスクが生じやすい。特にグリーン周りのバンカーに入ってしまうと、壁のように高いアゴを越えなければならない。ティーショットで飛距離を稼ぎ、セカンドショットでは距離と正確性を重視、アプローチ、パッティングは慎重に攻める。場面によってプレーの緩急を使い分けなければ、このコースは決して攻略はできない。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットはセンターよりも左サイド狙いで。右サイドに着けてしまうと、2打目でグリーン右手前の池が絡む分リスクが生じる。2打目では打つ前にピンの位置をよく確認すること。ピンがグリーンの左側にある場合は、左奥のバンカーに要注意。右側にある場合は、池のリスクを充分に考慮すること。グリーンが大きくないので、場合によってはグリーン手前に落としてからアプローチで寄せることも戦略の一つ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや距離のあるショートホール。グリーン両サイドに設置されたバンカーはアゴが高く、湾曲したエッジのラインはアドレスが取りずらい。加えて砂質も細かいので、脱出には困難を強いられる。ショットの際には距離感から風向きに至るまで、全ての要素に細心の注意を注ぐこと。グリーンは左手前から奥へと上る2段グリーン。ピンよりも手前に着けて、上りのラインで攻めるのが定石。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えのロングホール。ティーショットはセンター狙いで豪快に。グリーン手前で右に曲がるレイアウトなので、右サイドに着けてしまうと、次のショットでターゲットが見えずらくなる。2打目はグリーン左手前に100ヤード程度残すのがベター。欲を出して2オンを狙うのは、バンカーのリスクを高めてしまう。決して無理はせず、3オン狙いで堅実に。グリーンはフラットなので、あまり深読みはせず正直に。

ページの先頭へ
ページの先頭へ