チェリーヒルズゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

King、Queen、Princeの各コースの集大成とも言える9番ホール。名匠ロバート・トレント・ジョーンズJrの豊富な経験によって培われた緻密な設計理念が余すところ無く発揮された、各コースの最終ホールの攻略法を徹底解説します。

 

名匠ロバート・トレント・ジョーンズJrの設計らしく、自然の地形を活かした戦略性の高いコースとなっています。バンカーが随所に配置されており、強気の攻め一辺倒のゴルフでは攻略は難しく、飛距離のコントロールがコース攻略のカギを握ります。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。セカンド地点には大きな段差があり、ちょうどクラブハウスに向かって打ち下ろしていく、とても景色の良いホールです。攻略法としては、フェアウェイセンターへ打って段上に止め、グリーン正面からアプローチするのが、正攻法です。左側から約240ヤードでショートカットすることも出来ますが、OB超えになるのでリスクが高くなります。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    チェリーヒルズゴルフクラブの名物ホール。ティーグラウンドからは打ち下ろしで、左サイドには大きな池が広がる美しいホールです。攻略法としては、ピンを見て打っていくのではなく、池を大きく迂回するように、フェアウェイ右サイドを利用していくと良いでしょう。セカンドショットの狙い目は、残り100ヤード付近がちょうどフェアウェイが広くなっているので、狙い目になります。グリーンは傾斜がきつく、パッティングが難しいです。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ティーグラウンドに立つと広く見えるが、左右がOBなので、ティーショットに慎重さが求められる比較的ストレートなロングホールです。特に右サイドは落ち込んでいて、OBになりやすいので注意が必要です。また、グリーン手前の丸い形のバンカーは非常に難しいので、絶対に入れてはいけません。ですから、2打目は左側に迂回した方が安全です。3打目地点からは少し上りが入ってきますので、クラブは少し大きめに打って行きましょう。

ページの先頭へ
ページの先頭へ