シプレカントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「シプレカントリークラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

シプレカントリークラブ

シプレカントリークラブ

アウト・インともにフラットでありながら、フェアウェイは狭く、細やかなうねりを持たせているので、飛距離だけではなく、落としどころによってスコアが左右される。全体的にグリーンは広く、乗せやすいのだが、アンジュレーションが大きいので、正確なグリーンの読みと繊細なパッティングが求められる。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    やや打ち上げのS字のロングホール。ティーショットはセンター狙いで。左右のバンカーを考慮して正確さを大切に。2打目は、右サイドのOBに注意してフェアウェイ左サイドへ。グリーンは2段グリーンのため、ピンの位置を確認して、上りのラインを残したい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    打ち下ろしのショートホール。目の前には大きな山がそびえ立ち、距離感を掴むのが難しい。ティーショットでは、右サイドのアゴの高いバンカーだけは避けたい。グリーンは、受けてはいるが油断は禁物。微妙なアンジュレーションと、芝の状態に左右されやすいグリーンは難易度が高い。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    打ち上げで右ドッグレッグの難関ミドルホール。ティーショットは、右サイドにつけてしまうと、セカンドで池が絡むので、ここはフェアウェイ左サイドが吉。ただし、左サイド230ヤード地点にあるバンカーは、アゴが高く、入れてしまうとノーチャンス。2打目も、グリーンまで続く池に注意。フェアウェイが池に向かって傾斜しているので、刻むのであれば、センターからやや左サイドをキープしたい。グリーンは縦長の「シプレカントリークラブ」名物の3段グリーンになっており、ピンの位置を確認して、正確なショットと距離感が求められる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ