デイリー信楽カントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「デイリー信楽カントリー倶楽部」の上がりホールの攻略法をご紹介。

デイリー信楽カントリー倶楽部

周囲は深い森に囲まれているが、フェアウェイは広めに取られ、ティーイングラウンドからの見晴らしが良い。一見、ウォーターハザードさえ気をつければ問題なさそうに思えるが、実際にコースを回ると、池を避けた場所に配置されたアゴの高いバンカーや、山の傾斜を利用して一見では傾斜があることが分かりづらいグリーンなど、巧みに隠された罠が仕掛けられている。ショットの前にはコースを注意深く観察し、明確な戦略を持って攻めることが求められる。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    打ち下ろし右ドッグレッグのロングホール。ティーショットは、右サイドの林のやや左狙い。2打目からはさらに打ち下ろしているので、その分の距離を計算して池の手前にレイアップ。落下地点も下り傾斜なので、ランを計算して落とし所を見極めること。横に広く奥行きがないグリーンのため、正面からのアプローチはグリーンからこぼれる可能性が高い。サードショット地点はグリーン正面よりもやや左サイドにつけて、グリーン横からのアプローチで少しでもグリーンを広く使いたい。グリーンは見た目はフラットだが、微妙に池に向かって下っているので、ライン読みは慎重に。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    ストレートな打ち下ろしのロングホール。ティーショットは、200ヤード地点左サイドにあるバンカーに注意。両サイドがOBになっているので、ここはセンター狙いで。2打目は左足下がりのショットが求められ、グリーンの右手前には池、左にはバンカーが並んでいるので、ショットの方向性に注意が必要。グリーンは、右手前の池に向かって下っているので、ピンが左にある場合は、ピンの右手前につけて上りのパッティングにつなげたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    打ち下ろしのショートホール。ティーイングラウンドからグリーンまでの高低差が約24ヤードあるので、クラブ選択と距離の計算は慎重に。グリーン周辺の木々が低く風の影響を受けやすいので、ショットの前にピンフラッグの旗の流れを確認すること。右サイドの池がグリーン奥まで広がっており、グリーンを越えるとすぐに池に入ってしまう。グリーンは右手前のビーチバンカーから左奥へ上っているので、ピンの位置よりも右手前につけたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ