富士OGMゴルフクラブ小野コース

GOLF COURSE REVIEW

兵庫県屈指のグリーンコンディションを誇る「富士OGMゴルフクラブ小野コース」の東・西・中の各9番ホールの攻略法をご紹介。

富士OGMゴルフクラブ小野コース

「最初から最後まで歩いて回られる方も多い。」とキャディーさん達が言う通り、フラットな地形を最大限に活かしたゴルフコース。コース設計にも定評のあるアーノルド・パーマー氏による戦略性の高いコースレイアウトと、少しでも強ければ大きくカップを超えてしまうほどの高速グリーンが特徴のゴルフコースです。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右直角に近いドッグレッグ。250ヤードを確実に飛ばせる自信があるプレーヤーは、1打目でショートカットを狙うことも可能だが、失敗するとOBは免れない。また、何とか林を抜けることができたとしても、深いラフとアンジュレーションの激しい地形にボールが止まる可能性もあるので、慣れないプレーヤーはショートカットを狙わず確実にフェアウェイ(220y)を捉えるほうがよい。
    グリーンを狙う際は、アゴの高いバンカーが左手前にあるので、グリーンの右側を狙うイメージで。グリーン奥はすぐにOBになってしまうので、オーバーは厳禁!

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    少し打ち上げのミドルホール。ティーショットはフェアウェイ真ん中狙いで、マウンドを上り切ったところにボールを置くことができれば2打目が狙いやすい(約230ヤード)。
    そして、このホールの一番の難関である2打目。グリーン左手前には数多くのバンカーが並んでおり、そのどれもがアゴが高く、一度はまってしまうと、とんでもない結果になりかねない。その日のピンの位置が左側にあったとしても、ここは確実に右手前を狙うことをオススメする。
    グリーンはアンジュレーションがきついので、気を抜かずに集中してパットに専念して欲しい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    少し距離のあるミドルホール。ティーショットではボールの落下点が見えづらいが、左右のバンカーのセンターより少し左側を狙う。無理に飛ばして右側のバンカーを越えてしまうと、OBになりやすいので注意が必要。
    2打目は左手前のバンカーに注意して、シンプルに花道狙いで。グリーンはピンが左に位置する場合は特に要注意。
    アンジュレーションのきつい2段グリーンになっており、上りも下りもパッティングでは苦労させられることとなる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ