福崎東洋ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「福崎東洋ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

福崎東洋ゴルフ倶楽部

コースの特徴としてフェアウェイが広く、ゆったりとレイアウトされているので、ほとんどのホールで豪快なティーショットを楽しむことができる。ただし、コースに点在するバンカーはアゴが高く難易度が高いので、いかにバンカーを避けることができるかがコース攻略のカギを握る。また、ウォーターハザードも随所に配置されており、正確なショットが必要となる。実力を自分で冷静に把握し、それに見合った戦略を立てて臨むことができれば、ベストスコアも狙うことが可能なコースである。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。右サイドのグリーン脇まで伸びた大きな池がプレーヤーにプレッシャーを与える。ティーショットは、フェアウェイセンターよりやや左狙いで。右サイドの大きな池から左サイドに向かって風が強く吹く場合があり、注意が必要。ロングヒッターは飛ばし過ぎると、約260ヤードでフェアウェイを外れて傾斜する左斜面まで届いてしまうこともあるので、FWに切り替えるか、約250ヤードで越える右サイド手前のバンカー越え狙いに切り替えるのも選択肢の1つ。2打目はグリーン手前のバンカーに注意してグリーンセンター狙いで。砲台気味のグリーンなので、スピンの効いた高い打球で攻めないとグリーンからこぼれてしまうことも。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ドラコン推奨ホールにもなっている、やや打ち下ろしのロングホール。ティーショットは210ヤード付近にある左バンカーに注意して豪快に。このバンカーはアゴが高いため、入れてしまうと出すだけになってしまう。2打目はグリーン手前120ヤード付近のバンカーと、コース左サイドのOBを避けて右に攻めること。グリーン周辺にはバンカーが多く、2オン狙いはリスクが高いので、得意な距離を残してアプローチで寄せるのが吉。グリーンは受けているが、微妙なアンジュレーションがついているので、3パットに注意。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち上げのミドルホール。ティーショットはフェアウェイセンターを狙ってしっかりと飛距離を。ここで距離が出なければ2オンは難しい。右のバンカーまで直線距離で195ヤードだが、打ち上げのホールで捕まりやすいため注意。右サイドはOBになるので、力んでスライスするのは禁物。2打目は真っ直ぐにグリーン方向狙いで。グリーンの周囲にはバンカーが配置されているので、ショットの精度と飛距離の両方が試される。安全策を取って手前からアプローチで寄せるのも一つの手。グリーンはフラットなので、長い距離が残っても強気のパッティングで狙っていきたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ