グランドオークゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「グランドオークゴルフクラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

グランドオークゴルフクラブ

コース全体がほぼフラットで、広々としたレイアウトのため、最初はさほど難しく感じないかもしれないが、実際にプレーしてみると、隠れた難所が散りばめられている。細かなうねりのあるフェアウェイでは、ショットの精度と距離感が試される。また、ラインと芝の早さが読みづらいグリーンなど、攻略にはゴルフ本来の基本的なスキルが必要とされる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのロングホール。ティーショットは右のバンカー群に注意してやや左狙いで。飛距離に自信があるプレーヤーは約240ヤードのキャリーでショートカットを狙うことも可能。セカンドショットから微妙な上りになるのでクラブ選択も重要になる。また、うねりのあるフェアウェイなので、ショットの精度に注意が必要。グリーンの傾斜も強いため、ピンの位置と狙い所をしっかりと決めておくこと。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えのショートホール。このホールで一番注意しなければいけないのは風の向き。ホールのすぐ左には14番ホールのグリーンがあるので、その14番の旗の向きにも目を向けておきたい。場合によっては池の手前と奥とで風向きが全く異なるので、打つ前に充分確認しておくこと。グリーン左手前にはバンカー、右手前にはグラスバンカーがあるので要注意。グリーン奥を狙うつもりでショットをする方が得策と言える。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートでシンプルなミドルホール。ティーショットは豪快にフェアウェイ真ん中狙い。池まで約240ヤードなので、ロングヒッターは注意が必要。セカンドショットはピンの位置によってかなり難易度が変わる。グリーンの右側にピンが切られている場合は、手前のバンカー越えとなる。精度と距離感に自信が無ければ、池手前約100ヤードを残してアプローチで勝負する方が攻めやすい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ