白山ヴィレッジゴルフコース

GOLF COURSE REVIEW

「白山ヴィレッジゴルフコース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

白山ヴィレッジゴルフコース

コースには「キング」と「クイーン」から成る36ホールが並び、中でもクイーンコースは日本シニアオープンや、ツアートーナメントに出場するための予選会(QT)会場となるなど、ツアーコースとして認定されている。各ホールのレイアウトも様々で、程良いアップダウンのなかで、巧みに配置されたバンカーや谷越えのホール、ラインの読みにくいグリーンなど、リゾートゴルフだと侮っていると大きくスコアを崩す原因に!?攻略の際にはしっかりと戦略を練って挑むことをおすすめする。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなショートホール。グリーンまで、谷を挟んで打ち下ろしになっているため、見た目以上に距離が長く感じるが、ヤード表示を信じてクラブを選択すること。ただし風の影響を受けやすく、ボールが流されやすいので風の計算も忘れずに。グリーンの周りにはバンカーが多く、ピンの位置によってはかなり難易度が高くなるので、ピンの位置によってはあまりデッドに狙わず、グリーンセンターに乗せることだけを考えた方が良い。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    短めのミドルホール。ティーショットは打ち上げになっているので、しっかりと打っていきたいところだが、フェアウェイ両サイドにあるバンカーは要注意。砂質が細かく、捕まれば距離が出しにくいので、確実にフェアウェイをキープしたいところ。セカンドショットはグリーン右手前にあるバンカーに要注意。グリーンが細長く距離感が掴みずらい上に、グリーン奥から手前に傾斜しているので、ピン手前に落として、上りのパッティングに繋げることがポイントとなる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    コース名物の右ドックレッグのロングホール。このホールで一番の勝負所はホテル越えのティーショット。無理に狙わず刻む方法もあるが、ショートカットを狙うのであれば避けては通れない。高くそびえ立つ建物の存在感と打ち込みへの不安が、プレーヤーに大きなプレッシャーを与える。セカンドショットは池越えを要するため、引き続き集中してショットに臨むこと。確実に進めるのであれば、割り切って刻むことも戦略の一つとして考えよう。
    ※因みに・・窓には強化ガラスが嵌められており、取材時点(2015年5月)では、これまでボールでガラス割れたことはないとのこと。

ページの先頭へ
ページの先頭へ