花屋敷ゴルフ倶楽部 ひろのコース

GOLF COURSE REVIEW

「花屋敷ゴルフ倶楽部 ひろのコース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

花屋敷ゴルフ倶楽部 ひろのコース

フェアウェイが広く、比較的真っ直ぐなレイアウトとなっているため、視界の抜けも良い。全体的に距離が長く、ロングヒッターも十分に満足できる。アウトコースはフラットな地形のホールが続き、インコースはアップダウンをバランス良く取り入れている。グリーン周りには、バンカーや池などが巧みに配置されており、セカンド以降は注意深くショットする必要がある。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ティーイングラウンド前に池のある景観の美しいショートホール。池はプレーヤーの距離感を崩す罠にもなっているので要注意。また、グリーン周りのバンカーの数が多く、ショットの精度が鍵を握る。ピン位置によって違うが、ピンをデッドに狙うとミスをした時のリスクが高いので、まずはグリーンにのせることを最優先としてショットに臨むこと。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのミドルホール。パー4では最長のホールとなっており、セカンドでかなりの距離が残るため難易度が高い。ティーショットはやや打ち下ろし。フェアウェイが広い分狙い所が定めにくいが、ここは最短ルートでもある左バンカーの右側狙いで。セカンドショットはグリーンの奥行きが見た目よりも狭いので、フェアウェイウッドなどのランが出るクラブを使用する際は、距離感に注意が必要。手前に落としてアプローチ勝負する選択肢も考えられる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや打ち上げで距離が長いコース内最長のロングホール。豪快にティーショットを打ちたいところだが、木々がフェアウェイまで張り出し、ボールの位置によってはスタイミーになるので注意が必要。セカンドショットはグリーンを狙いやすいようにフェアウェイのやや左側を狙うこと。グリーンは奥から手前の2段グリーンになっており、ピンの位置によって難易度も大きく変わる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ