花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース

GOLF COURSE REVIEW

「花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース

コースを攻略するにあたり一番必要なのはプレーヤー自身の「柔軟性」と言えるだろう。距離の長い真っ直ぐなホールもあれば、綿密な距離の計算が必要なホール、距離が短いながらもグリーン周りがシビアなホールもあり、一つ一つのホールに対応した攻略法が必要となる。それに加えて複雑なアンジュレーションも重なり、飛距離だけでなく数手先を見据えたクラブ選択も、コース攻略に必要なファクターとなる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    微妙に左に曲がるドッグレッグのロングホール。左サイドには、林と池が広がるので避けたいところ。ティーショットは真中よりもやや右狙いで。2打目からは上りとなっているので、1〜2番手大きめのクラブを選択するのが吉。しかし、グリーン周りのアンジュレーションが複雑になっているので、落とし所には注意が必要となる。グリーンは奥から手前に微妙に傾斜しているので、グリーンを狙う際はピンよりも手前に付けたい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    真っ直ぐに伸びたミドルホール。両サイドともにOBなので、ティーショットはかなりのプレッシャーがかかる。コースに迫り出した林により、フェアウェイを狭く見せているが、実際には充分に広さがあるので、見た目に惑わされずにしっかりとセンター狙いでショットしよう。2打目は打ち上げの分も考慮して、1番手大きめのクラブ選択がおすすめ。グリーン周りのバンカーはかなりアゴが高く脱出が困難なので、ピンの位置を気にせず、まずはグリーンにのせる事を最優先に考えよう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    グリーン手前に池を挟んだ真っ直ぐなミドルホール。240ヤード地点から池になるが、打ち下ろし分もプラスされるので、ティーショットはフェアウェイウッドで打つ方が吉。ただし、あまり安全に行き過ぎて手前に落とすと、2打目で距離が残ってしまうので、ティーショットの距離感が求められる。グリーンは高い砲台状になっているので、狙う際はアイアンでしっかりとボールを上げること。手前に落とすとかなりの傾斜があり、アプローチの難易度が高くなるのでグリーンの奥を狙うつもりでショットすることをおすすめする。

ページの先頭へ
ページの先頭へ