花吉野カンツリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

日本を代表する桜の名所、吉野の大自然に包まれた美しいゴルフコース「花吉野カンツリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法を伝授。緻密に計算されたこのコースの総仕上げ、上がり3ホールは攻めごたえ満点。ぜひ参考にしてください!

 

花吉野カンツリー倶楽部

吉野の雄大な大自然に包まれた緑豊かなゴルフコース。世界の名門コースを知り尽くしたトッププロ、岡本綾子プロがコース設計アドバイザーを担当、自然の地形を多く取り入れ、オーソドックスな中にも高度な戦略性を巧みに組み込んだ正統派のゴルフコースです。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや打ち下ろしのミドルホール。フェアウェイが左右2段になっていて、右のフェアウェイさえキープできれば、比較的簡単にグリーンを狙えるが、問題は2段グリーン。ピンの位置にもよるが、2段グリーンを意識しすぎて、グリーン左のバンカーに入れるのだけは避けたいところ。セカンドショットの精度がカギとなるホールです。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    花吉野カンツリー倶楽部の名物ホールの一つ。まるで日本庭園の様な景観と浮島のティーイングラウンドが印象的なショートホール。グリーンは奥が高い2段グリーンになっています。しかし、グリーン右奥にはOBラインが迫っているので、奥にピンが切ってある場合には、打ち込みに注意が必要です。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ほぼストレートでフラットなロングホール。ティーショットの狙い目は、フェアウェイ右サイド、245ヤード付近にあるクスノキを目印にセンター狙いで。セカンドショットは、その地点から約180ヤードで池があるので、その手前に落とすのが良いでしょう。ただ、池よりあまり手前すぎると、フェアウェイに大きな窪みがあり、グリーンに対して打ち上げになるので注意が必要です。このホール攻略のポイントは、落としどころまでの距離感です。きっちり打っていけば、難なく攻略できるでしょう。

ページの先頭へ
ページの先頭へ