橋本カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「橋本カントリークラブ」東・中・西コースの最終ホールの攻略法をご紹介。

橋本カントリークラブ

コースは東・中・西の各9ホール、計27ホールで構成されている。東・中コースは適度なアップダウンがあるバランスの良いホール構成になっており、飛距離とショットの精度が攻略の鍵を握る。西コースは比較的フラットなレイアウトが多いが、グリーンの難易度が高く、正確なラインの読みと繊細なタッチが要求される。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは、やや右狙いで豪快に振り抜くこと。勝負所は次のセカンドショット。フェアウェイとグリーンを結ぶライン上にはバンカーが配置されているため、ボールの落とし所がかなり難しい。受けグリーンになっており、奥につけると下りのパッティングが残り難易度が上がる。安全に攻めるならグリーン手前に落としてアプローチで勝負する事をおすすめする。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    谷越えのロングホール。ティーショットはフェアウェイ左右のOBに注意して真ん中を狙う。セカンドショットで注意が必要なのがアンジュレーション。複雑に傾斜しており、グリーン手前にはバンカーもある。下半身を安定させ、方向に注意してショットをすること。グリーンは、馬の背のように中央が高くもりあがっているため、繊細なタッチが要求される。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    グリーン左にはバンカー、右には池とボールの落とし所がかなり限定される。ピンを狙うより、まずはグリーンに乗せることに専念すること。グリーンはフラットに見えるが、アンジュレーションがかなり複雑になっている。ボールの位置によってはラインが大きく変わるので要注意。ショットの精度やパッティングに自信がなければ、グリーン手前の花道に落としてからアプローチしてもいい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ