姫路相生カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「姫路相生カントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

姫路相生カントリークラブ

広いフェアウェイとフラットで距離のあるホールが続くアウトコースと、アップダウンのあるホールが多く点在する戦略性に富んだインコースに分かれており、攻略には飛距離だけでなくショットの正確性や距離の計算など、プレーヤーの高いディレクション能力が必要となる。また、コースをセパレートする木々を減らしたことにより風の影響を受けやすくなっていて、その時々の風を読み切らなければ、プレーヤーの意図とは違う方向にボールが流れていってしまうことも。風の読みが勝負を分けるゴルフコースです。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    グリーン手前から打ち上げになる真っ直ぐなミドルホール。ティーショットは、ホールの真ん中にあるバンカーをどう回避するのかがポイントとなる。230ヤード以上を飛ばせる自信があれば、バンカーと右にある木の間が狙い目。2打目地点から打ち上げになっているので、しっかりとボールを止める技術が求められる。グリーンは受けており、奥から手前へ強い傾斜が入っているので、ピンの奥にボールを着けないこと。また、ピンハイでも左右からのラインを読むのはかなり困難なので、出来るだけピンの手前にボールをつけたい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    しっかりと距離のあるショートホール。ホールの真ん中が窪んでいて、ティーイングラウンドから見ると打ち下ろしのように感じるが、実際は、それほど高低差の影響は受けない。グリーンが小さめなので狙い所が掴めないが、グリーン左のアリソンバンカーにだけは、絶対に入れないよう注意を払うこと。ショットの精度に自信が無ければ、グリーン右の傾斜地を狙うのも吉。また、季節によって山肌に当たる風の向きが複雑に変わるので、ピンフラッグの向きを注意深く確認して、風の流れをよむことが重要なポイントとなる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや右ドッグレッグのロングホール。このホールで鍵を握るのはティーショット。ティーイングラウンドからは、右サイドに高い丘がそびえていて視界を阻み、プレッシャーがかかる。狙い所は、ロングヒッターの方は丘の上の木を越えるイメージで、飛距離に自信のない方は、正面の木と丘の間を的確に狙いたい。2打目は、グリーン手前が見た目以上に狭くなっているため、左右のOBに注意が必要。刻むのであれば、100ヤード位を残したほうが安全にアプローチできる。グリーン奥はスペースが狭く、奥から手前に傾斜が入っているので、距離感に注意。

ページの先頭へ
ページの先頭へ