ジャパンクラシックカントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

キングコースとクイーンコース、計36ホールを擁する「ジャパンクラシックカントリー倶楽部」。各コースの上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ジャパンクラシックカントリー倶楽部

クイーン、キング共にそれぞれ専門のグリーンキーパーが、細部に至るまでコースメンテナンスをしており、いつでも最良の状態でゴルフを楽しむことができる。コースは全体的にフラットなホールが多く、一見難易度も低そうに見えるが、フェアウェイ両サイドがフラットになっている分、ティーショットで曲げてしまうと、OBゾーンへと流れていってしまう。それだけに一打一打のショットの精度が重要なのだ。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち下ろしのショートホール。ティーイングラウンドでは判りにくいが、グリーン左右の森の切れ間から吹き抜ける風の影響を受けやすく、距離感に細心の注意が必要。グリーン奥はスペースが狭くOBゾーンが近いため、打ちすぎに注意。またグリーン手前のバンカーはアゴが高いので避けたいところ。風が強い場合は無理にワンオンを狙わず、グリーン右に落としてから寄せた方が得策。グリーンは比較的フラットなので、長い距離でも狙っていきたい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。フェアウェイは狭く打ち上げになっているため、見た目以上に距離が感じられる。ティーショットは、前方に見える杉の木の右サイドがベストポジション。グリーンが右の場合、セカンドショットは手前にあるバンカーに充分注意が必要。また、バンカーに使用している砂が粗めなので、雨が降った日は特に硬くなってしまう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離があり、2つの池が絡んだロングホール。まずは落ち着いて狙う方向を見極めることが大切。ティーショットは、手前の池の左をまっすぐに狙うこと。セカンドショットは奥の池の手前に着けて、残り100ヤードで確実に刻むのがセオリーだが、飛距離に自信があるプレーヤーは2オンも可能。この選択が吉と出るのか、凶と出るのか、まさに「挑戦のキング」を締めくくるのに相応しいホール。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    比較的、距離の短いミドルホール。フェアウェイが狭いので、ティーショットは飛距離よりも方向性重視で、確実に真ん中を狙うこと。セカンドショットはグリーン手前左右にあるバンカーが気になるが、意識し過ぎてグリーン奥のOBの存在を忘れてはならない。また、グリーンが砲台になっており、ピンの奥に着けてしまうと、パターの難易度が格段に難しくなる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離の短いショートホール。他と比べ極端に距離が短い分、ティーショットの距離感が勝負。風がサイドから流れてきやすいので、その分も計算に入れなければならない。また、グリーンの左と奥にはバンカーがあり、その奥にはすぐにOBがあるので注意。グリーン手前はアンジュレーションがきつくラフが深いので、アプローチショットのテクニックが問われる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのロングホール。ティーイングラウンドから230ヤード付近までは、やや打ち上げのストレートだが、その先は、左ドッグレッグの打ち下ろしになっている。そのため、飛びすぎて下り部分にボールが落下すると、思っているよりも右サイドOBゾーンに転がってしまうので注意が必要。ロングヒッターならば、やや左の林を狙う位が良い。セカンドショットは花道狙いで、池の右に着けることができれば、後は比較的落ち着いてアプローチショットができる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ