加古川ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「加古川ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

加古川ゴルフ倶楽部

コース攻略のポイントはアプローチとパッティング。グリーン周りのアンジュレーションが複雑で、パッティングではラインの見極めに困難を強いられる。そこに山の微妙な傾斜も加えられ、「見た目は下っているようで、実際は上り傾斜」といった、目の錯覚を用いた巧みな施しが成されている。ラインを読む際は、ボール側とカップの反対側の両方向から充分に確認すること。慎重にパッティングに臨まなければ、最後で苦い思いをすることになる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのロングホール。ティーショットでは左右から迫り出した高い木々が視界を狭め、右側にはバンカーもあるためプレッシャーを感じる。ただ、実際は充分なコース幅があるので、力まずいつも通りのショットを。2打目は、左側に見える鉄塔狙いでグリーンまでの残り距離を調整すること。3打目は打ち下ろしになっているので、クラブ選択は慎重に。グリーン手前には左右にガードバンカーが配され、周囲が大きくうねったアンジュレーションになっているので、確実にグリーンセンター狙いで。グリーンは左から右へ下っており、右に着けるとそのまま外へこぼれてしまう可能性があるので注意が必要。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。150ヤード付近に大きなクロスバンカーがあるため、レディースやシニアのプレーヤーには注意が必要。レギュラーからは左のバンカーに要注意。2打目は若干の打ち上げになっているので、足元の傾斜と距離感を確認すること。グリーンの左右と手前にはガードバンカー、左には松の木に隠れてポットバンカーがあるので、ピンよりもグリーンセンター狙いで安全に。グリーンのアンジュレーションは複雑で、ボール位置によってラインが大きく変わる。ボール、カップの両方向からしっかりラインを確認すること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    豪快な打ち下ろしのロングホール。ティーショットの落下地点は、つま先上がりの傾斜がきつく、左サイドには大きなバンカーと松の木があるので、ティーショットではフェアウェイ右サイドを狙うのが吉。かなりの高低差があるので、風の向きと強さを充分に計算すること。2打目はグリーン手前にクリークがあるため、欲を出さずに確実に刻むのがお勧め。3打目はグリーンの四方に配されたバンカーに要注意。グリーン奥のスペースが狭く、アンジュレーションも複雑なので、ピンをデットに狙うよりも確実にグリーンセンターにのせることが重要。ピンの位置によって、パッティングの難易度も大きく変わるので、最後まで気を抜かず慎重に。

ページの先頭へ
ページの先頭へ