春日台カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「春日台カントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

春日台カントリークラブ

春日台カントリークラブの攻略ポイントは、セカンドショットとパッティング。砲台グリーンが多く、グリーンオンを狙うショットでは、距離感と精度が鍵を握り、わずかなズレが後のショットの難易度を大きく左右する。また、グリーンは平均して早く、アンジュレーションも複雑なため、カップインするまでは決して集中力を切らしてはならない。全体的にフェアウェイは広く、ティーショットは決して難しくないものの、セカンドショット以降ではプレーヤーの技術が試される。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。ティーイングラウンドから緩やかな上りがグリーンまで続くホール。ティーショットでは、フェアウェイ左を狙って最短距離でグリーンが狙える位置に。セカンドショットでは、グリーン左右のバンカーとグリーン奥のOB注意が必要。特にグリーン左のバンカーはアゴが高く、脱出には困難が強いられる。また、グリーン面は砲台になっているので、高い打球でしっかりとグリーンを捉える必要がある。グリーンは左手前から右奥に上る2段グリーンになっているので、ピンの位置を確かめ、確実に手前から攻めること。

    ※取材時はロングからミドルホールに変更するための工事中につき、ヤーデージは未定。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離のあるロングホール。打ち下ろしのティーショットでは、フェアウェイ真中を狙って豪快に。落下点は下りのため、ランが出れば2オンも狙える。しかし、2打目地点からグリーン手前の松がプレッシャーに感じる場合は、無駄なリスクを回避してスリーオンに切り替えること。グリーンは複雑なアンジュレーションが施され、場所によってラインが大きく変わるので、しっかりと確認してパッティングへ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなロングホール。ティーショットは打ち下ろしだが、2打目以降が打ち上げになっている。また、フェアウェイがS字にうねっているので、まずはフェアウェイ左を狙って最短距離でグリーンを狙うことが最優先。3打目で注意すべきは、グリーン左右のバンカーとグリーン奥のOB。高い打球でしっかりとグリーンを狙わなければ、グリーン奥にこぼれてしまう。グリーンの傾斜も左手前から右奥に上っているので、手前から確実に攻めること。

ページの先頭へ
ページの先頭へ