交野カントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「交野カントリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

交野カントリー倶楽部

コース攻略の鍵を握るのは、セカンドショット以降のショートゲーム。グリーン手前には、通称「アリソンバンカー」と呼ばれるアゴの高いガードバンカーが多く配置されていて難易度が高い。また、グリーンは全体的に広いものの、複雑なアンジュレーションがあり繊細なタッチが求められる。コースは全体的に程よいアップダウンが効いており、変化に富んだコースレイアウトが用意され、訪れるものを飽きさせない。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    距離の短いストレートなミドルホール。左右がOBになっているため、飛距離よりも方向性を重視してFWやUT、もしくはアイアンを選択するのが無難。ただし、200ヤード地点のフェアウェイ左にバンカーがあるので要注意。また、グリーン手前のフェアウェイセンターに大きな木があるため、ティーショットで飛ばしすぎると木がスタイミーになりセカンドショットでピンが狙えなくなる恐れがあるので注意すること。グリーン左右にアゴの高いガードバンカーがあり、難易度が高いので要注意。グリーンは受けているのでピン位置を確認してデッドに狙いたい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    緩やかな右ドッグレッグのミドルホール。ティーイングラウンドからは打ち下ろしていて、フェアウェイも広いので、豪快なショットで飛距離を出したい。ティーショットは右に並ぶバンカーを避けてフェアウェイセンターからやや左側を狙うこと。2打目は、グリーンの左手前に並ぶガードバンカーに注意が必要。もし左奥にピンが切ってある場合は、2打目の難易度が格段に上がってしまうホールである。また、グリーン右側のラフに着けてしまうと、深く根が強い野芝が茂り、アプローチの難易度が高い。グリーンは手前が低い2段グリーンで高低差がかなりあるので要注意。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    2打目から緩やかに打ち上げになるロングホール。ティーショットは、左右のバンカーに注意してフェアウェイセンター狙いで出来るだけ飛距離を稼ぎたい。2打目は、欲を出して2オンを狙っていくと、グリーン手前のアゴの高い壁のようなガードバンカーが立ちふさがる。また、グリーン周りのラフが深く、アプローチが難しい。ここは3オンに切り替え、自分の得意な距離を残して堅実に進めるのが吉。3打目は、グリーンの右手前と左奥にマウンドがあり、落としどころによっては、蹴られてグリーンからこぼれてしまうことも。それ以外の部分は比較的フラットなので、ピンの位置をよく確認してフラットな面を狙ってアプローチしたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ