キングスロードゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「キングスロードゴルフクラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

キングスロードゴルフクラブ

コース攻略でカギを握るのが、コースマネジメントとグリーン上の読み。フェアウェイは広く、多少左右にブレてもスコアに大きくは影響しない。しかし、フェアウェイには適度な起伏があり、うねりのある場所につけてしまうと難しいショットが残る。グリーンは大きいがアンジュレーションが複雑なため、ピンから遠い位置につけてしまうと、簡単に3パットしてしまうので注意すること。できるだけピンに近い位置につけてパッティングに臨みたい。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    緩やかな上りのミドルホール。ティーショットは約200ヤード左にあるバンカーを避けてフェアウェイセンターへ。2打目は、打ち上げ分を計算に入れたクラブ選択が必要。2段グリーンになっているので、ピンの位置をしっかりと確認してデッドに狙いたい。グリーン左奥にピンがある場合は、手前のバンカーが絡んでくるので慎重に。グリーンは左奥から右手前へと大きく下っているので、ピンの手前から攻めること。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    左ドッグレッグのミドルホール。全体的に緩やかな上りで距離もあるので、ティーショットはしっかりと振って、出来るだけ距離を稼ぎたい。狙い所は左のバンカー群に注意してフェアウェイやや右へ。あまり右に打ちすぎるとラフに捕まり、距離も残るので注意が必要。2打目からも打ち上げており、クラブを1番手上げてグリーンを狙いたくなるが、打ちすぎには要注意。グリーンセンター付近が周りより高く、奥はグリーンの外までかなり下っているので、グリーンセンターより奥にショットすると、ボールがグリーンからこぼれる落ちる確率が高い。ピン位置によってはバンカーも絡むので、安全に攻めるなら手前に刻んでアプローチで寄せて、短い距離のパッティングに繋げたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    フェアウェイが左右にカーブしたロングホール。ティーショットは、約200ヤード右のバンカーを避け、フェアウェイやや左へ。右につけてしまうと、バンカー横からフェアウェイにコブがあり、セカンドショットの難易度が高くなるので要注意。セカンドショットは、得意な距離を残してグリーン手前の花道に。グリーン右手前に並ぶバンカー群はどれもアゴが高いので、2オンを狙うときには注意が必要。グリーンはフラットに見えるが、若干受けているので、ピンの位置を確認して手前に着けること。大きなアンジュレーションは無いので、ラインをしっかりと確認して強気のパッティングで攻めたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ