北六甲カントリー倶楽部東コース

GOLF COURSE REVIEW

数々のトーナメントの舞台となってきた「北六甲カントリー倶楽部東コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

北六甲カントリー倶楽部東コース

自然の地形を生かした、基本に忠実なコース設計ながら、数々のトーナメントの舞台となってきた戦略的なコース。打ち上げやドッグレッグのホールが多く、計算されたレイアウトと、随所に設置されたバンカーがコース攻略に大きく影響し、プレーヤーはティーショットから気を抜くことができない。また、砲台グリーンも多く、精度の高いショットが求められるゴルフコースである。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのロングホール。打ち下ろしのティーショットとなっており、ロングヒッターであれば左側林のギリギリを狙えば2オンも可能。しかし、林の左側はOBのため、安全に攻めるならフェアウェイ正面に約230ヤード打てばOK。セカンドショットからはピンまで緩やかな打ち上げになっており、グリーン右手前の池には充分注意が必要。100ヤード手前につけてアプローチ勝負に持ち込むことができれば、あとの攻略は難しくない。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。打ち上げになっており、ティーショットはしっかりと当てたいところ。フェアウェイの右寄りが最短ルートだが、少しでもスライスをしてしまうと、フェアウェイ右のバンカーもしくは前下がりの急斜面からのショットになるので注意が必要。セカンドショットは、打ち上げの計算とグリーン右手前のガードバンカーを避けるためにも、1番手大きいクラブを選択するのがおすすめ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離の短いミドルホール。ティーショットはフェアウェイ真ん中狙いで、両サイドのバンカーに注意。約250ヤードの所に池があり、緩やかな打ち下ろしになっているので、ロングヒッターは注意が必要。グリーンの周りを4つのバンカーが取り囲んでいるため、セカンドショットはプレッシャーがかかる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ