北六甲カントリー倶楽部西コース

GOLF COURSE REVIEW

「北六甲カントリー倶楽部西コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

北六甲カントリー倶楽部西コース

コースは多少のアップダウンはあるものの、全体的には比較的フラットに造成されている。フェアウェイが広いため比較的やさしく思えるが、美しい景観に隠れた罠を見落とすと大変な目に。ティーショットの落とし所に、巧みに配置されたバンカーやうねったフェアウェイ、繊細なタッチが要求される複雑なアンジュレーションのグリーンなど、随所に散りばめられた仕掛けにプレーヤーは決して気を抜くことができない。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのロングホール。ティーショットはフェアウェイ真中が無難だが、飛距離に自信があるプレーヤーは、キャリーで230ヤード飛ばすことができれば、左側のバンカーを抜けて最短ルートを通ることができる。2打目を打つ際に気を付けてほしいのは、グリーン左手前にあるけやきの木。3打目でグリーンを阻む大きな障害になるので要注意。グリーンは右奥から左手前にかけて傾斜がきついため、ピンの奥に着けてしまうと難易度がかなり上がってしまう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えのショートホール。ティーショットで注意しなければならないのが距離感。グリーンとの間が谷のようになっているため、かなり遠く感じてしまうが、そこは惑わされずに通常通りのクラブを選択すること。グリーンの形状が馬の背のように丸みを帯びた形状になっているので、ピンを狙うよりもまずはグリーンにのせることを優先して欲しい。特に左側は傾斜が強いので要注意。グリーンを転がり大きくこぼれてしまう可能性も。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグの短いミドルホール。ティーショットはバンカー左を狙うのが無難。飛距離に自信があるプレーヤーはキャリーで200ヤードを飛ばせばバンカーを越えて最短ルートを進むことができるが、力んで少しでもスライスした場合は、OBになるリスクが高い。2打目で注意すべきはグリーン手前のアゴの高いバンカー。一度つかまってしまうとパーセーブはかなり困難になる。リスクを考えるなら花道からのアプローチ勝負が最も堅実。

ページの先頭へ
ページの先頭へ