神戸パインウッズゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「神戸パインウッズゴルフクラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

神戸パインウッズゴルフクラブ

六甲山系の緑豊かな丘陵地に広がるコースは、全体的にフラットでアップダウンが少ない。特にアウトコースは、フラット&ワイドでドッグレッグホールもないため、豪快なショットで飛距離を出して攻めていける。インコースは、戦略的に配置されたバンカーや大きな池が絡むホールが点在するので、レイアウトに合わせた頭脳的なプレーが要求される。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    正面にクラブハウスを望むストレートなミドルホール。ティーショットは、約220ヤード先の左バンカーに注意しつつ、フェアウェイセンターもしくは右サイド狙いで。左サイドがOBのため、ドライバーの引っかけは厳禁。セカンド地点からは、やや打ち上げになっており距離感に注意が必要。グリーンは受けているものの、2段グリーンになっているため、ピン位置を確認してピンハイにつけたい。ピンが奥にある場合、打ちすぎて奥のバンカーにつかまるとトラブルになりやすいため注意が必要。ピン奥につけると下りのパッティングが残るが、グリーンには山からの傾斜が入っており、見た目以上に下っているので、慎重なタッチが求められる。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    距離のあるショートホール。ティーショットは、左右のバンカーに注意しつつ、グリーンセンター狙いで。左サイドの大きな池と開けた地形から風が良く抜けるので、風の読みがカギを握る。比較的距離はあるものの、ティーイングラウンドからは若干打ち下ろしており、あまり大きめのクラブを選択すると、奥のバンカーやさらに奥のOBという可能性もある。ここは、花道でも十分にチャンスはあるので、ギリギリの番手で攻めていきたい。グリーンは若干受けており、アンジュレーションが少ない素直なグリーンのため、距離合わせではなく、強気なパッティングで狙っていきたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、右のバンカーに注意しつつフェアウェイセンターからやや右狙いで。フラット&ワイドなので、豪快なドライバーショットで距離を稼ぎたい。セカンド地点からは、やや打ち上げになっており、グリーン面が見えないため、距離感が重要になる。打ち上げ分を計算し一番手大きいクラブでショットすることをおすすめする。グリーンは若干、受けてはいるが微妙なアンジュレーションが施されているので、上り下りに関係なく、慎重なライン読みが求められる。特にショートパットでの油断は禁物。

ページの先頭へ
ページの先頭へ