京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース

GOLF COURSE REVIEW

「京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース

コースは全体的にフラットなホールが多い。攻略する際に大切なことは、何といっても綿密なコースディレクション。巧みに配置されたバンカーやクリーク、浮島グリーンをどう攻略するかがポイントとなる。グリーン周りのスペースがシビアなため、フェアウェイウッドなどのランの出るようなクラブは、かなりのリスクがある。安全に攻略するのであれば、アイアンでしっかりと高い打点のショットを打ち、ボールを止めることが必要となる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや右曲がりのミドルホール。フラット続きのコースの中では珍しく傾斜が効いたホール。右サイドはOBゾーンが続き、左サイドには深いラフと樹木が点在していて、打ち込むとやっかいなことに。ティーショットは、フェアウェイの傾斜を考慮して、真ん中よりもやや右サイドを狙うこと。セカンドショットで注意すべきは傾斜によるショットの向きと距離感。グリーンをデッドに狙うのも良いが、グリーン周りのレイアウトがかなりシビアなため、少しの方向と距離感のズレで、OBになったりバンカーにつかまったりする。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    少し長めのショートホール。左側にある木が大きくせり出し、ピンが遠くに感じるため、距離感には特に注意が必要となる。また、グリーン左側に池があり、芝が短く刈られているため、グリーン左のエッジに落ちればそのまま池へと転がってしまう危険性があるので、ピンの位置に惑わされず、グリーンセンター狙いで。もしショットの精度に自信が無いのであれば、手前の花道に落として、アプローチ勝負をすることも視野に入れておこう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットで注意すべきは両側にある林。大きな木々が茂っており、一度入ってしまうと脱出するのはかなり困難になる。ショットの精度を考えて、ドライバーではなく、フェアウェイウッドの選択も考えられる。セカンドショット以降はやや打ち上げになっており、グリーン周りの状態が把握しづらいのでクラブ選択は慎重に。グリーンの傾斜も落とし所によって異なるので、手前に落としてからのアプローチ勝負も考えられる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ