ラ・グレースゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

59万坪の広大な敷地を有し、ワイドでロングなコースレイアウトが魅力の「ラ・グレースゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ラ・グレースゴルフ倶楽部

温暖な気候の和歌山県印南町に位置する、ワイド&ロングが魅力の丘陵コース。
クラブメーカーとして有名な本間ゴルフが手がけたこちらのコースは、 全長7,210ヤードのチャンピオンティーから全長5,393ヤードのレディースティーまで、 幅広いプレイヤーが楽しむことができるよう配慮されている。
また、海が近く潮風の影響を受けやすい和歌山県のなかで、 気候に合った芝を採用しすばらしいコースコンディションを維持している。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち下ろし右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットの狙い目は、フェアウェイ右サイド。ドッグレッグのコーナー付近は山になっており、多少右に打ち出しても、山の斜面でボールがフェアウェイに戻ってくることも。ロングヒッターは左側にあるバンカーと池に注意したい。セカンドショットは、グリーンが2段になっているので、ピンの位置を確認して確実にピンの段を捉えること。手堅く攻めるなら、刻んでグリーン手前からのアプローチ勝負も考えられる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    しっかりと距離のあるショートホール。ティーショットで力んで左に引っかけて池に入れることだけは避けたいが、右サイドもOBゾーンが続くので、右に行きすぎるのも危険である。攻略のカギは、1番手大きいクラブで余裕を持って打つこと。グリーン周りは芝を短く刈っており、グリーンもフラットなのでティーショットが上手くいけば攻略は難しくない。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    短めのロングホール。ティーショットは、両脇のバンカーに注意してフェアウェイセンター狙い。左バンカーはキャリー200ヤードで越えることが可能。ロングヒッターは、2オンを狙うことも可能だが、フラットな地形なので池越えの距離感が掴みにくく難しい。手堅く刻む場合には、椰子の木のやや左狙いで。椰子の木の横からは残り100ヤードを切るので、正確なアプローチでピンに絡めてバーディーを狙って行きたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ