美奈木ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「美奈木ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

美奈木ゴルフ倶楽部

全体的にまっすぐ打っていくホールが多く、ほどんどのホールでティーイングラウンドからピンの位置を確認することができる。しかしながら、フェアウェイには微妙なアンジュレーションがあり、適所に池やバンカーが配置されているため、ターゲットを見誤れば攻略はかなり困難になる。また、グリーンの難易度も高く、乗せどころによっては難しいパッティングとなるため、やさしいラインが残るよう、どこに載せるのかを考えてアプローチすることが要求される。明確なコースマネジメントが要求される戦略性の高いコース。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのロングホール。ティーショットでは右サイドの林に注意すること。一度入ってしまうと抜け出すのが困難で大叩きする可能性大。キャリーで240ヤードあれば越える事も可能だが、リスクを考えると安全に攻めたいところ。2打目はフェアウェイ途中にある大きな3本松に要注意。しかし、松を避ける事ばかり考えて右側に打ち込むと、バンカーと池があるのでショットの方向性には細心の注意を。3打目はグリーン手前、アゴの高いバンカー群に捕まらないようグリーン右の花道狙いがおすすめ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    やや左ドッグレッグのミドルホール。見た目は攻略しやすそうに見えるが、落とし所に要注意。フェアウェイは馬の背のように真ん中が盛り上がっているので、狙う方向をよく確認すること。ティーショットで左を狙いすぎると、セカンドで前方の林がスタイミーになるためフェアウェイ真ん中をキープすること。セカンドショットで最も注意すべきなのが、グリーン右手前にある深くくぼんだグラスバンカー。芝も深く、一度入ってしまうとかなり難易度の高いアプローチが要求される。ピンの位置にもよるが、グリーン奥に落としパッティングで勝負をする方がリスクは少ない。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ほぼ真っ直ぐなミドルホール。ピンまでの抜けも良く、広々としているように見えるが、そこが落とし穴。ティーイングラウンドからは見えづらいが、コースレイアウトを見て分かる通り、フェアウェイ両サイドには池とバンカーがあり、アンジュレーションも複雑なため、狙い所がかなり限定される。2打目からは打ち上げになっており、クラブ選択も重要になる。また、グリーンは奥から手前に下る2段グリーンになっているので、ピンの位置に合わせた落とし所を見極める事。グリーン上段から下段にパッティングをする際、力加減を誤ればアゴの高いバンカーへと落ちてしまうので要注意。

ページの先頭へ
ページの先頭へ