武庫ノ台ゴルフコース

GOLF COURSE REVIEW

北摂連山を望む、緑豊かな自然を楽しみながらプレーできる「武庫ノ台ゴルフコース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

武庫ノ台ゴルフコース

武庫ノ台ゴルフコースは、隣接する羽束山を借景にして設計されており、山の傾斜をそのまま利用したアップダウンのあるホールとフラットなホールが適度に配置されている。クラブハウスが高台にあるため、アウトもインもスタートホールと上がりのホールはアップダウンがきつく、難易度が高いホールなので要注意。特にスタートホールでつまずいてしまうと、一日のプレーに大きく影響するので、スタートに合わせて集中力を高めておくことが求められる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    谷越えのミドルホール。左サイドがOBのため、ティーショットはフェアウェイ右狙いが無難。しかし、右に行き過ぎるとバンカー越えのセカンドショットが残るので注意が必要。グリーン奥は狭く、奥に向かって下っているため、2打目はピンの手前から攻めること。グリーンはアンジュレーションが複雑で、場所によってはスネークラインになってしまうので、無理に狙わず2パットで良しとすべき。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    砲台グリーンが特徴のショートホール。グリーン右手前のバンカーに入れてしまうと、砲台の高さにアゴの高さもプラスされ、難易度が高いバンカーショットになる。また、グリーンは「リダン(土塁)グリーン」と呼ばれ、斜め右に伸びたような楕円形になっているので、通常の円形のグリーンに比べ距離感が掴みにくい。フック・スライスの特性に合わせたショットが求められ、真直ぐな打球以外は乗りにくくなっている。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのロングホール。ロングヒッターは右バンカー狙いでショートカットも可能。アベレージヒッターは、右バンカーのやや左からセンター狙いで。グリーン手前はかなり狭くなっており、残り230〜240ヤードの場合は積極的に攻め、300ヤード程残る場合は、130ヤード(左バンカー付近)に残してアプローチで勝負する方が良い。グリーンは奥と手前の2段になっており、ピンが上段にある場合は見た目よりも遠くにあるので、5ヤードほど奥に飛ばすイメージでショットに臨むことをオススメする。

ページの先頭へ
ページの先頭へ