奈良カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「奈良カントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

奈良カントリークラブ

全体的に下りから上りに変わる形状が多い。フェアウェイが広いので、ティーショットではできるだけ飛距離を稼ぎたい。セカンドショットになると緩やかな上り傾斜になり、グリーン面が見えなくなる。グリーン周りには、アゴの高いガードバンカーが多く在るため、距離感と方向性には充分に注意が必要。中には上り傾斜にも関わらず、わざと窪ませた部分があり、左足下がりのショットを強いられる場合もあり、難易度の高いショットが求められる。また、上りを考慮したクラブ選択も忘れずに。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは右側の谷を避けてフェアウェイセンターをキープ。左に行き過ぎると、浅い窪みに捕まり、次のショットで上り傾斜にも関わらず、左足下がりのショットが強いられる。2打目は上りの距離も加味して、1番手大きいクラブ選択がおすすめ。グリーンの奥と左右にバンカーが在るため、まずはグリーンにのせることが最優先。グリーンは右奥から左手前に微妙に下っているため、ピンの位置よりも手前に着けるとパッティングもやり易い。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    S字のロングホール。ティーショットは出来るだけ飛距離を伸ばしてフェアウェイセンターへ。ここでミスをしてしまうと、軌道修正に手間が取られてしまう。2打目から徐々に上り傾斜になるので、しっかりと距離を詰めること。3打目は左右手前、左奥のバンカーに注意。特に右手前のガードバンカーはアゴが高いので、捕まると脱出が困難になる。グリーンは手前から奥へと下り、低い打球だとこぼれてしまう危険性がある。しっかりと高い打球でピンの奥に着けるのがベター。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットは真正面の金剛山に向けて豪快に。打ち下ろしになっているので距離も充分に伸ばせる。2打目からは上りになるため、1番手大きいクラブを選択。グリーン左右手前と右奥にバンカーがあり、アゴも高い。また、グリーン周りが大きくうねり、アプローチが難しくなるので、確実にグリーンを捉えたい。グリーンは左奥から右手前に下っているものの急な傾斜ではないので、しっかりとラインを読み切って最後の締めくくりを。

ページの先頭へ
ページの先頭へ