奈良OGMゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「奈良OGMゴルフクラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

奈良OGMゴルフクラブ

このコースの攻略に最も必要な要素は正確なショット。特にティーショットでは、慎重にターゲットを設定しなければ、次のショットで難度の高いショットを強いられる可能性がある。ティーショットからアプローチに至るまで、ほとんどのショットでバンカーが絡み、さらにグリーン周辺にはポットバンカーが数多く並んでいる。リスクを回避するためにも無理な狙い方は避けて、得意な距離を残しながら慎重にボールを進めるのが攻略法と言える。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのロングホール。ティーショットでは正面にある高い松の木に要注意。ホールの左側は谷が続いているので、フェアウェイ右をキープしたい。2打目はつま先上がりのライなので、アドレス時の向きをしっかりと確認すること。3打目はグリーン左に2つ、右の奥にポットバンカーがあり、これに捕まると大叩きする可能性があるので、高い打球でグリーンセンター狙いで。グリーンは受けてはいるが、緩やかな2段グリーンになっており、安全に攻めるなら、花道に落としてから寄せワン狙いも有りかも。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな右ドッグレッグのロングホール。池越えのティーショットはフェアウェイセンター狙い。左右にはポットバンカーが配置され、捕まれば次のショットは出すだけになってしまうので要注意。2打目は打ち上げの分を考慮して、一つ大きめの番手を選択すること。狙い目はグリーン手前の花道。2オン狙いの場合は、グリーン左と右手前のバンカーに注意して、グリーンセンターよりもやや右狙いが吉。グリーンは受けているので、ピンよりも手前につけて上りのパッティングを残すこと。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな右ドッグレッグのロングホール。ティーショットはフェアウェイセンター狙いで。210ヤード付近の左右にバンカーがあり、特に左はポットバンカーになっているため避けたいところ。ティーショットの調子によっては、ウッドなどでバンカーを避けるのも有りかも。2打目はフェアウェイ右サイド狙いで。2オン狙いの場合、グリーン面が見えない上に、左にガードバンカーが配置されているので、いつもより大きめのクラブを選択しがちだが、グリーンが手前から奥へと下っているので、飛ばし過ぎると奥にこぼれてしまう。グリーンは奥へ下っているので、アプローチではピンをデッドに狙って、上りのパッティングにつなげたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ