奈良ロイヤルゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「奈良ロイヤルゴルフクラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

奈良ロイヤルゴルフクラブ

全体的にアップダウンがあるため、しっかりと距離感を把握し、的確なクラブを選択できるかがコース攻略のカギを握る。ドッグレッグホールが多いアウトコースは、ティーショットの狙い目が限られるので、ショットの方向性が重要になる。インコースは、比較的ストレートなホールが多いのだが、4つのホールに池が絡むので戦略性が高く、ショットの精度とリスクマネジメントが求められる。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    距離の短いミドルホール。ティーショットは、左のバンカーに注意しつつフェアウェイセンター狙いで。距離が短いため、ロングヒッターはドライバー以外の選択肢もあり。2打目からは打ち上げになるが、グリーン面が見えないので距離感に注意が必要。グリーン手前のアゴの高いバンカーに入れることだけは避けたい。グリーン奥は広いので、1番手大きめのクラブを選択するのが良い。グリーンは、センター付近にマウンドがあり、ピン位置によってはパッティングの難易度が上がる。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    右サイドに池が広がるショートホール。ティーショットで注意すべきは、あまり池を意識しすぎないこと。池を避けて左から攻めたくなるのだが、左はOBが近く、またグリーン左にはバンカー群が待ち構えている。グリーンが池に向かって下っているため、このバンカー群につかまると、難しいバンカーショットが残ってしまう。ホール右側の池から左に風が抜けやすいので、ティーショットはこの風を計算に入れた攻めが必要。左バンカーに届かない番手で手前の花道に落とし、2打目のアプローチで寄せワンを狙う方法もあり。パッティングは、池方向の下りを計算してラインを出していきたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    池が絡むロングホール。ティーショットの狙い目は、手前の池は気にせずに広いフェアウェイのセンターへ。2打目は、フェアウェイのマウンドによりグリーンが見えないが、落としどころのフェアウェイが右に傾斜しているので、思い切って左のカート道を狙おう。3打目は、右の池に注意しつつ、グリーンセンター狙いで。ここで注意すべきポイントは、グリーン左のバンカー群に入れないこと。グリーンだけでなく、左バンカー群も池に向かって傾斜が入っており、このバンカーにつかまると、池に向かって左足下がりのバンカーショットが要求され、非常に難易度が高い。パッティングは、池方向の下りを計算に入れたライン読みが必要となる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ