奈良若草カントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「奈良若草カントリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

奈良若草カントリー倶楽部

3コース共に攻略のポイントとなるのは、アプローチとパッティング。コースの設計、監修はJ.ミラーが手がけており、海外の設計家に特有の、アゴが高くスタンスが取りずらい複雑な形状のバンカーが並ぶ。グリーン自体にも複雑なアンジュレーションが施され、ライン読みを誤ればスコアを大きく崩す要因に。ティーショットで距離を稼ぎ、セカンド以降のショットは堅実なストラテジーが要求される。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち上げのロングホール。ティーショットはフェアウェイセンターの木を狙って豪快に。2打目は上り傾斜が残り、先が見通せないが、セカンド地点から斜面を上り終えた100ヤード付近の両サイドに池があるので、距離よりも方向を優先すること。3打目もグリーン両サイドに池が絡むので方向性重視で。グリーンはうねりのある形状なので、慎重なタッチとラインの読みが必要。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    真っ直ぐに伸びたロングホール。ティーショットは、右のOBに注意してフェアウェイ真ん中へ。右に並ぶバンカーの中で、特に手前から3つめはアゴが高く、脱出時に飛距離を出すのが難しい。2打目はグリーンの周囲にアゴの高いバンカーがあり、無理をして2オンを狙うにはリスクが高い。グリーンの形状も波を打ったように複雑なので、花道に残して寄せワンで堅実に攻めるのが定石。ピンの位置によっては、短い距離でも3パットの危険性があるので、ラインの読みは慎重に。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。距離は比較的短いがバンカーや池が絡むので、慎重なショットが要求される。ティーショットはフェアウェイセンターよりもやや右へ。左にそれると池があり、フェアウェイも狭くなるので要注意。2打目はグリーン右手前と奥にバンカー、左には池とバンカーが絡むので慎重に。グリーンはポテトチップ型のうねりのある形状になっているので、パッティングラインの確認とタッチに気をつける必要がある。

ページの先頭へ
ページの先頭へ