西宮高原ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「西宮高原ゴルフ倶楽部」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

西宮高原ゴルフ倶楽部

コース攻略でカギを握るのは、2打目以降のショットの精度。フェアウェイは広く、豪快なティーショットが楽しめるが、グリーンが絡むショットになると難易度が上がる。全体を通して砲台グリーンが多く、周囲にはアゴの高いガードバンカーや根の強いラフが広がっている。2オンのチャンスでも、高い球筋でしっかりとグリーンに止まるショットができなければ、すぐにグリーンからこぼれ落ちてしまう。残り距離によっては、刻んでアプローチ勝負に持ち込むなど、臨機応変な戦略が必要になる。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    距離のあるやや打ち上げのショートホール。ショートホールの中で一番難易度が高いホール。左右には高さのある木々が迫り出し圧迫感を感じるが、コースは十分に広いので意識しすぎないこと。グリーンは砲台で手前にはガードバンカーが配置されており、特に左サイドのバンカーはアゴが高いので要注意。積極的にスコアを狙うのであれば、直接グリーンオンを狙うほかに戦略はない。無難に攻めるのであれば、グリーン手前の広い花道に一度落としてから寄せワンを狙うのがおすすめ。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    緩やかな打ち上げのミドルホール。ティーショットは上りの頂上を目指して豪快に。230〜240ヤード程で視界が開ける。しかし、グリーンが砲台になっているため、2打目以降もグリーン面は見えない。また、グリーン左側はバンカー、右側には深いラフがあり、左右にこぼれるとトラブルに。グリーンが小さく奥のスペースも狭いので、得意な距離を残してアプローチ勝負に持ち込むのがおすすめ。グリーンはフラットに見えるが、奥の山からの傾斜が入って受けているので、必ずピンの手前につけること。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    打ち下ろしのミドルホール。ティーショットはフェアウェイセンター狙いで豪快に。左につけてしまうと、2打目でアゴの高いガードバンカーが絡むので要注意。砲台グリーンだが、ティーショットで距離を稼げれば、ピンをデッドに狙っていきたい。飛距離と高い打球が打てるか不安を感じる場合は、無理をせずグリーン手前に刻むのがよい。グリーンは緩やかに受けているので、ピンの手前につけて上りのパッティングにつなげたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ