日清都カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「日清都カントリークラブ」各コースの最終ホールの攻略法をご紹介。

日清都カントリークラブ

コース攻略のカギを握るのは、正確なショットと距離感。アップダウンの効いたコースで、打ち上げと打ち下ろしのショットが続く。フェアウェイにはうねりのあるアンジュレーションが施されており、ボールのライ次第で大きく難易度が変わり油断できない。全体の距離はそれほど長くないものの、高低差分の誤差を微調整しなければ、じわじわとスコアに影響する典型的な山岳コースである。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのミドルホール。ティーイングラウンドからは打ち下ろしで、230ヤード付近の左には池、右には深めのバンカーが配置されているので要注意。2打目からは打ち上げになり、フェアウェイもうねっているので、打つ前に足元を確認して、ショットの向きに細心の注意が必要。グリーン手前と右にバンカー、奥は狭く大きく越えるとOBに。リスクを抑えるのであれば、ピンをデッドに狙うよりもグリーンセンター狙いで、のせることを優先して高い打球で攻めるのがよい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち上げのロングホール。距離に加えて上りの傾斜があり、実際よりも長く感じる。ティーショットはフェアウェイセンターのやや右狙いで。打ち上げのホールなので、落としどころが見えにくく、はじめから3オン狙いに切り替え、飛距離よりも精度を重視することをおすすめする。2打目はフェアウェイキープ狙いで。3打目は、グリーン手前のガードバンカーに注意。グリーンが若干、砲台状になっているのでスピンの効いた打球でグリーンセンター狙いで。グリーンは比較的フラットなので、パッティングが勝負のカギを握る。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    真っ直ぐなミドルホール。グリーン手前までバンカーは無いが、フェアウェイはアンジュレーションがきつい。まずは、フェアウェイやや左の立木狙いで。2打目からは、やや打ち下ろしになっているので距離感に注意。グリーン手前と左にガードバンカー、右は深いラフとコブ状のうねりがあるので、グリーンを外すとアプローチが難しい。グリーンは受けているものの、右から左に大きく上り傾斜が入っているので、ピンの位置をしっかりと確認してショットに臨むこと。

ページの先頭へ
ページの先頭へ