小野グランドカントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「小野グランドカントリークラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

小野グランドカントリークラブ

・NEWコース
自然の地形を活かした起伏のあるフェアウェイと、巧みに配された池やバンカーが特徴的なコース。比較的フェアウェイが広く、ストレートなホールが多いため、積極的に攻めていけるアウトコースに対して、インコースはドッグレッグが多くタイトなコースレイアウトなため正確な攻めが求められる。

・OLDコース
ハザードが少なく距離も短めなのが特徴。アウト・インともにフェアウェイがフラットで、コースを包む樹木には低木が多く、見晴らしのよい素直なホールが多い。NEWコースと比べて、距離も短くクセの少ないコースなので、年配の方や女性ゴルファーでも十分に攻略可能なコースである。


  • ホール図
    ホールNoNEW 16番ホールNEW 16番ホールNEW 16番ホールNEW 16番ホール

    セカンドショットが池越えのミドルホール。ティーショットの狙い目は、フェアウェイセンターよりやや右狙いが無難。ティーイングラウンドが若干、左を向いているので、アドレスの向きに注意が必要。セカンドショットは池越えになるので、大きめに打ちたいところだが、グリーン奥にはバンカーがあり、そのすぐ奥はOBなので、距離感が重要になる。グリーンは受けてはいるが左右に広く、ピンハイにつけても難しいラインが残る。ピンの手前につけて上りのラインを残したい。

  • ホール図
    ホールNoNEW 17番ホールNEW 17番ホールNEW 17番ホールNEW 17番ホール

    左側は当然避けたいところだが、右側も狭く、グリーン奥にはバンカーと、ターゲットが非常に狭い。ここは、無理にグリーンを狙うのではなく、無難にグリーン手前の花道を狙うのも手段の1つ。ただし、グリーン手前のラフは、右から左に傾斜が入っているので注意が必要。右のOBに注意しながら、グリーンセンターよりも右狙いで。グリーンはフラットなので、うまく花道につけることが出来れば、寄せワンも可能。素直なグリーンなので、距離のあるパッティングでも狙っていきたい。

  • ホール図
    ホールNoNEW 18番ホールNEW 18番ホールNEW 18番ホールNEW 18番ホール

    やや右ドッグレッグのロングホール。ティーショットは、左右のOBに注意して、正面に微かに見えるクラブハウスを目印にフェアウェイセンター狙いで。セカンドショットは、フェアウェイ左狙いで、グリーン左のバンカー群を狙っていくとよい。右につけてしまうと、3打目が池越えになり難易度が上がる。3打目で注意することは、グリーンセンター付近に、グリーンを2分割するような縦方向のマウンドがあるので、必ずピンのある面に乗せること。ピンの面にさえ乗せることが出来れば、素直なグリーンなので、容易にパッティングすることができる。

  • ホール図
    ホールNoOLD 16番ホールOLD 16番ホールOLD 16番ホールOLD 16番ホール

    フラットなショートホール。左サイドのOBが近く、左を意識しすぎて右にボールが出やすいので注意が必要。ティーイングラウンドも右を向いているので、アドレスの向きに注意して、素直に花道狙いで。右手前と奥のバンカーだけは、何としても避けたい。グリーンは大きめでフラット。アンジュレーションも少ないので、グリーンさえ捉えられれば、距離のあるパッティングでもチャンスはある。

  • ホール図
    ホールNoOLD 17番ホールOLD 17番ホールOLD 17番ホールOLD 17番ホール

    距離のないミドルホール。ティーイングラウンドからは、左右のバンカーが目に入るが、約180ヤードで越すことができるので、あまり意識せず、グリーン右手前の松の木狙いで。2打目は、グリーン手前の左右のバンカーに注意しつつ、グリーンの右手前狙い。グリーンは受けており、奥から手前、そして左から右にかけて傾斜が強いので、ピン右手前につけて上りのパットを残したい。

  • ホール図
    ホールNoOLD 18番ホールOLD 18番ホールOLD 18番ホールOLD 18番ホール

    左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは打ち下ろしになっており、通称5本杉(今は3本)の右狙いがベスト。2打目からは打ち上げになり、グリーン方向に見えるクラブハウス狙いで。ロングヒッターは2オンも可能なホールだが、グリーン手前の左右にガードバンカー、奥にはバンカーと池があるので、グリーンを捉えるのは難しい。グリーン手前に刻んで3打目アプローチ勝負に持ち込むほうが得策。グリーンは比較的フラットなので、強気のパッティングで勝負したい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ