大岡ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「大岡ゴルフ倶楽部」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

大岡ゴルフ倶楽部

コース設計は、多数の名門コースが加盟する関西プロゴルフ協会によるもので、ひとつひとつのホールに違った表情があるのが特徴。簡単そうに見えるホールでも、グリーン周りのアンジュレーションや風の強さを読み切ることは必須。いくつかあるドッグレッグホールは、正確なティーショットが要求される。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    名物ホールで、打ち下ろし左ドッグレッグのミドルホール。前方に広がる雲海を望みながらのティーショットは清々しいが、左右のOBに気を付けて。190ヤード先、松の木の左側をめがけて打つとフェアウェイを捉える。2打目はグリーン手前のバンカーと、ラフの窪みに注意。グリーンが小さく、ピンの奥が下っているため、2打目をいかにカップの手前に落とすかがポイントとなる。なるべく高い球で攻めたい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    左ドッグレッグのミドルホール。左の林はOBではないが、一旦入るとなかなか厄介なのでティーショットは右狙いで。2打目は右手前のバンカーを視野に入れ、確実にグリーンに乗せておきたい。グリーンは波打つようなアンジュレーションが難易度を上げている。距離感とラインの読みが勝負を決める。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    やや打ち上げのミドルホール。ティーイングラウンドが右を向いているので、錯覚が起きやすい。しかし、フェアウェイ左のバンカーより左はタイトなので注意が必要。素直にフェアウェイセンター狙いで。砲台グリーンの手前にはアゴの高いバンカーが2つ。ここだけは避けたいところ。グリーンは受けているので、ピン位置を確認して、なるべく手前につけて、上りのパッティングで勝負したい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ