パインレークゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「パインレークゴルフクラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

パインレークゴルフクラブ

パインレークゴルフクラブ

起伏に富み、ダイナミックに攻めを堪能するアウトコースと、池やクリークを絡め、繊細なプレーで攻略するインコース。どのホールも1つとして似通らず、プレーのたびに新たな発見と刺激を受ける。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    グリーン奥まで池とクリークが絡むショートホール。ティーイングラウンドの目の前には、左右の松が迫り出し、プレッシャーを感じる。グリーンは大きいのだが、左はグリーン手前に池、奥にはクリークとなっており、180ヤード超のティーショットなので、縦の距離感が難しい。ティーショットの狙い目は、グリーンに乗せるだけなら、左バンカーの上、もしくは右狙いが安全。大ケガを避けるためにも、ティーショットは、距離よりも方向性を意識するのがホール攻略のカギとなる。グリーンセンター付近には尾根があるので、正確なライン読みと慎重なパッティングが必要になる。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    ティーショットは、右に並んだ3つのバンカーと、左の松林との間の狭いフェアウェイ狙いで。2打目は、左の池に注意が必要。フェアウェイが左の池に向かって傾斜しているので右狙い。グリーン手前バンカーの右にある木に向かって打つと良い。グリーン奥は狭く、落ち込んでいるので、突っ込みすぎないこと。グリーン手前から、ランを計算に入れた距離感が必要になる。グリーンは、手前から軽い上りだが、途中から池に向かって下りが入る形状になっており、右手前からの上りのパッティングで勝負したい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    池とクリークが絡む名物ミドルホール。ティーショットは、フェアウェイが左に傾斜しているので、センターより右狙いで。正面に見える山の山頂方向を狙って、まずはフェアウェイをキープしたい。2打目は、池越えになり、右に広がる大きな池からの風を読んで、しっかりとしたショットが必要。グリーン左のバンカーに入れると、池に向かって難易度の高いバンカーショットを強いられるので避けたい。グリーンは比較的フラットなので、ラインと距離を合わせて、2パットにおさめたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ