六甲国際ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「六甲国際ゴルフ倶楽部 西コース」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

六甲国際ゴルフ倶楽部 西コース

フラットな東コースに比べ、程よいアップダウンのある西コースは、自然の地形を活かした設計が施されているため、類似したレイアウトが少ない。そのため、各ホールに合わせた戦略が要求される。また、コースの要所には、ジャック・ニクラウスならではの形状と大きさのバンカーが数多く配置され、難易度を高めている。コース攻略にはショットの精度はもちろん、ミスショットが出た時のことも考慮した戦略と判断力がカギを握る。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    打ち下ろしのミドルホール。ティーショットは、右のOBに注意してフェアウェイセンターよりやや左へ。2打目は、フェアウェイがつま先下がりのライなので、ボールが右に出やすい。グリーン右のガードバンカーはアゴが高く、ここだけは避けたい。安全に行くなら、グリーンセンターからやや左を狙ってショットするか、場合によってはグリーン手前からアプローチで寄せワンをねらう戦術もあり。グリーンは縦長で、波打ったようなアンジュレーションが施されているので、出来るだけピンに寄せてパッティングに臨みたい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    高低差のある打ち下ろしのショートホール。グリーン手前には池、右奥にはバンカーが配置されており、グリーン右にピンが切られると難易度が高くなる。また、風の影響を受けやすく、ティーイングラウンド右の山の斜面で風が遮られ、無風に感じることがあるが、グリーン上では風が吹いていることがあるので、打つ前にピンフラッグをよく確認すること。グリーンは受けてはいるものの、複雑なアンジュレーションが施されており、特に手前は池に向かって大きく下っている。積極的にスコアを狙うならピンをデッドに、無難に攻めるならグリーン左方向へ。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    緩やかな左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは、左のバンカー群に注意してフェアウェイセンターへ。左のバンカー群はアゴが高く、入れてしまうと出すだけになってしまう。距離は残ってしまうが、バンカーを避けてフェアウェイ右狙いでも可。2打目は、得意な距離を残してフェアウェイキープ。ロングヒッターなら2オンも狙えるが、グリーン手前の左右のガードバンカーはアゴが高く、捕まるとトラブルに。グリーンは、波打ったような複雑なアンジュレーションが施されており、ピンがどこに切られても、ロングパットでタップインまで寄せるのは難しい。アプローチでできるだけピンに寄せて、ショートパットで勝負したい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ