ローズウッドゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「ローズウッドゴルフクラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ローズウッドゴルフクラブ

池が絡むホールが多く、比較的フェアウェイが狭いため、距離よりも正確なショットが要求される。要所要所にバンカーが絡み、フェアウェイの所々には微妙なアンジュレーションが仕掛けられている。また、グリーン周りの難易度も高く、最初から最後まで気を抜くことができない。状況に応じた戦略と正確な技術が要求されるコース。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離のあるショートホール。グリーンを囲うようにバンカーが配置され、左手前のラフは深い。距離を誤れば高い確率で捕まってしまうため、距離と風の確認を十分にしておくこと。どのバンカーもアゴは低く、難易度は高くないものの、ミスをすれば再びグリーン反対側のバンカーに入ってしまうので要注意。グリーンは広くフラットなので、ピンをデッドに狙うよりもセンター狙いでパッティング勝負に持ち込むのが定石。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのフラットなミドルホール。左側は谷になっているので、ティーショットはフェアウェイ右側の一本木狙い。140ヤード右と240ヤード左にバンカーが配されている。2打目付近のフェアウェイはうねりがきつく、ボールの位置によっては左足上がりになるので、距離感を見誤らないように注意が必要。グリーン手前には左右にバンカー、奥にもバンカーが配置されており、特に手前の2つはアゴが高いので要注意。グリーンは受けてはいるものの、手前から奥へ2段になっているので、ピンの位置をしっかりと確認すること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのフラットなロングホール。ティーショットは、170〜200ヤード左にバンカーが並んでいるのでフェアウェイ右サイド狙い。2打目は、右サイドの池に注意して100ヤード残しが吉。ただし、あまり右サイドに付けると3打目で池が絡むため、センターよりも左狙い。3打目はグリーン左と奥に配置されたバンカーに注意してグリーンセンター狙いで。グリーンは受けてはいるものの、うねりのある複雑なアンジュレーションになっているため、繊細なパッティングが要求される。

ページの先頭へ
ページの先頭へ