ロータリーゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「ロータリーゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ロータリーゴルフ倶楽部

≪オールドコース≫
オールドコースの攻略に重要なのは、距離感とパッティング。フェアウェイは広く、ショットが多少曲がってもリカバリーするのは難しくないが、景観が開けている分、距離感を見誤ってしまうケースが多い。また、グリーンには微妙なアンジュレーションが効いていて、繊細なタッチのパッティングが求められる。
≪ニューコース≫
ニューコース攻略のポイントは、クラブ選択とボールコントロール。アップダウンのあるホールが多く、フェアウェイにはアンジュレーションも施されているので、距離感だけでなくショットの方向にも充分に注意が必要。オールドコースよりも距離は短めだが、ショットの正確性が必要になる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットはフェアウェイセンターを狙って豪快に。左右の林に入ると抜け出すのが困難なので、フェアウェイをキープしたい。2打目はグリーン右奥に広がる池に加え、左右と奥にバンカーがあるので要注意。グリーンはうねりのあるアンジュレーションが施されていて、端にピンがある場合、グリーンからこぼれてしまう危険性がある。狙い所がシビアなので、グリーン手前の広い花道に落として、手前から寄せワンを狙うのも戦略の一つ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えのショートホール。しっかりと距離がある分、力むとショットが曲がり、右に広がる池へ。グリーン左と奥には大きなバンカーがあるが、アゴは高くない。しかし、左奥のバンカーに入ってしまった場合、池に向かって打つ難しいバンカーショットになるので要注意。まずはグリーンにのせることを最優先としてショットに臨むこと。グリーンは、うねりのあるアンジュレーションが効いているので、しっかりとラインを読み切る必要がある。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットではフェアウェイセンターをキープ。セカンド地点のフェアウェイは絞られており、飛距離よりも精度を重視すること。2打目はグリーン右にポットバンカーが3つ並んでいるので注意が必要。捕まると脱出は困難を強いられるのでなんとしても避けたい。グリーンは受けているので、ピンポジションをよく確認して手前から確実に。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは左のカート道すぐ脇がOBなので、リスクを回避してフェアウェイセンターよりもやや右狙い。2打目はフェアウェイのアンジュレーションに注意して狙う方向を決めること。グリーン手前から幅が狭くなるので、得意な距離を残して堅実に3オン狙いがおすすめ。グリーンは緩やかに受けているので、ピンよりも手前から攻めること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。打ち下ろしに加えて、220ヤードでフェアウェイが途切れてしまうので、ティーショットではドライバーよりもスプーンがおすすめ。セカンド地点の右に大きな木が並んでいるので、フェアウェイセンターよりも左につけること。2打目は高い木がプレッシャーになるので、高弾道のショットに自信が無い場合は、無理せず一度グリーン左に刻んでも良い。グリーンは見た目は受けているものの、全体が左から右へと傾いているので、パッティングの際は充分に注意を。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは正面に見える大きな木のやや左狙い。ティーイングラウンドからは見えないが、220ヤード右にバンカーがあるので要注意。2打目はグリーン奥がOB、左右にはバンカーがあるので距離感に注意。グリーンは受けているので、ピンの位置を確認して手前につけたい。グリーンは、ボールの位置によって複雑に傾斜が変わってくるので、充分なラインの確認と、繊細なタッチが必要に。

ページの先頭へ
ページの先頭へ