滋賀カントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

信楽の美しい景観と抜群のコースコンディションが魅力の「滋賀カントリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

滋賀カントリー倶楽部

滋賀カントリー倶楽部のコースは、広く伸びやかなフェアウェイが続くホールが多く、大きく育った松や檜が各ホールをセパレートしている。美しい景観もボールの位置によっては木々が視界を遮り、攻略の妨げになることもあるので注意が必要。改修工事で広くなったグリーンはパターの難易度が上がり、このコースの常連プレーヤーも攻略には手を焼いている。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    山と谷に囲まれたショートホール。グリーンの左右と奥にはバンカーが配置されており、手前の谷と両サイドの大きな木々が視界を圧迫するので、ティーショットを打つ際にはかなりのプレッシャーがかかる。グリーンはやや砲台ぎみで、周囲は傾斜がきつくアプローチが難しいので、ここは確実にグリーンにのせたい。グリーンは奥から手前に向かってかなり下っているので、ピンの奥につけてしまうと、下りの難しいラインとなるので、いかにピンの手前に落とせるかが、攻略のカギになる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    少し短い谷越えのミドルホール。少し右曲がりになっているのでティーショットは少し左を狙うこと。吹流しまで飛ばせると後の攻略も優位になるので飛距離に自信があるプレーヤーは挑戦して欲しい。2打目はグリーン左手前にアゴの高いバンカーがあるので注意が必要。上りのショットでグリーンは砲台になっているので一番手大きいクラブの選択をおすすめする。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    たっぷりと距離のあるロングホール。ティーショットの狙い目は、220ヤード付近にある右のバンカーを避けてフェアウェイセンター狙いで良いでしょう。2オンを狙うプレーヤーは、フェアウェイ左サイド狙いで。左サイドのバンカーを越えてくると、充分グリーンを狙える位置に。2打目は、広いフェアウェイを真っ直ぐ、グリーン方向に。3打目は、グリーン左右の大きなガードバンカーに注意。自信のない方は、無理にグリーンを狙うのではなく、花道に落としてアプローチ勝負が望ましいかも。

ページの先頭へ
ページの先頭へ